kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 14.04以降のUbuntuにインストール

  いままで、Ubuntu 14.04以降のUbuntuに「Boot Repair」をインストールすることができませんでした。

  これは、Ubuntu 14.04以降のUbuntu向けに「Boot Repair」のリポジトリーが提供されていなかったためです。
  (代わりに別のリポジトリーを利用する方法を以前紹介しています。)

  現在、Ubuntu 14.04以降のUbuntu向けに「Boot Repair」のリポジトリーが提供されており、Ubuntu 14.04以降のUbuntuに「Boot Repair」をインストールできるようになりました。


  現在「Boot Repair」が提供されているUbuntuのバージョンは以下のとおりです。

  • Ubuntu 12.04
  • Ubuntu 14.04
  • Ubuntu 14.10
  • Ubuntu 15.04

  ここでは試しに、ライブメディアから起動したUbuntu 15.04に「Boot Repair」をインストールしてみます。

  1.Ubuntuの起動

    Ubuntu 15.04 日本語 Remix 64bit版のライブメディアから、Ubuntuを起動します。


  2.リポジトリーの追加

    「端末」を起動します。
    「端末」から以下のコマンドを実行し、「Boot Repair」のリポジトリー(PPA)を追加します。

sudo add-apt-repository ppa:yannubuntu/boot-repair


  3.リポジトリーの追加完了

    以下のように、リポジトリーが追加されます。


  4.パッケージインデックスファイルの更新

    「端末」から以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。
    これを行わないと、追加した「Boot Repair」のリポジトリーが反映されません。

sudo apt-get update


  5.パッケージインデックスファイルの更新完了

    以下のように、パッケージインデックスファイルが更新されます。


  6.Boot Repairのインストール

    「端末」から以下のコマンドを実行し、「Boot Repair」をインストールします。

sudo apt-get install boot-repair


  7.インストール確認

    以下のように、インストール確認が表示されるので、「Y」を入力し「エンター」キーを推します。


  8.Boot Repairのインストール完了

    以下のように、「Boot Repair」がインストールされます。


  9.Boot Repairの起動

    「端末」から以下のコマンドを実行し、「Boot Repair」を起動します。

boot-repair


  10.Boot Repairの起動完了

    以下のように、「Boot Repair」のメイン画面が表示されます。


    「Boot Repair」の使い方は、以前紹介した使い方と同じです。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション