kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

タグの管理を行う

  「git tag」コマンドは、タグの管理を行うコマンドです。


  「git tag」コマンドの機能を大別すると、以下のようになります。


タグを作成するコマンドの説明

  タグを作成するコマンドの説明です。

  コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

git tag <オプション> <タグ名> <タグの参照先オブジェクト>

タグの種類に関するオプション

  タグの種類に関するオプションです。

  タグには、「軽量タグ(Lightweight Tag)」タグと「注釈付きのタグ(Annotated Tag)」タグがあります。
  加えて、「注釈付きのタグ」には、GPGによる署名を付けることができます。

  どのようなタグを作成するのかを、指定するオプションです。

  オプションの指定なし

    オプションの指定を行わなかった場合、「軽量タグ」を作成します。
    「軽量タグ」の作成は、「軽量タグを作成する」を参考にしてください。

  注釈付きタグの作成(-a, --annotate)

    「注釈付きのタグ」を作成します。
    ただし、GPGによる署名は行いません。

    このオプションの使用例は、「注釈付きタグを作成する」を参考にしてください。

  署名付きの注釈付きタグを作成(-s, --sign)

    「注釈付きのタグ」を作成します。
    GPGによる署名を行います。

    署名に使用する秘密鍵は、「Git」の設定から自動的に特定されます。

    このオプションの使用例は、「PGP署名付きの注釈付きタグを作成する」を参考にしてください。

  署名用のPGP鍵を指定して、署名付きの注釈付きタグを作成(-u, --local-user)

    「注釈付きのタグ」を作成します。
    GPGによる署名を行います。

    署名に使用する秘密鍵は、ユーザーが指定します。

    このオプションの使用例は、「署名に使用するPGP鍵を指定して、PGP署名付きの注釈付きタグを作成する」を参考にしてください。

タグメッセージに関するオプション

  「タグメッセージ」に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できますが、指定できるオプションはいずれかのオプションだけです。

  タグメッセージとは

    「タグメッセージ」とは、タグの説明のことです。
    タグの概要や内容をユーザーが指定します。

     後で作成したタグから「タグメッセージ」を表示することができます。

  注釈付きのタグでのみ利用可能

    「タグメッセージ」は、「注釈付きのタグ」でのみ利用できます。

    「タグの種類に関するオプション」で「注釈付きのタグ」の作成を指定せず、「タグメッセージに関するオプション」を指定した場合は、暗黙のうちに「注釈付きタグの作成(-a, --annotate)」オプションが指定されます。

  オプションの指定なし

    「タグの種類に関するオプション」で「注釈付きのタグ」の作成を指定し、「タグメッセージに関するオプション」を指定しなかった場合は、テキストエディターが起動します。
    ユーザーは、テキストエディターで「タグメッセージ」を入力します。

  タグメッセージの指定(-m, --message)

    タグメッセージを指定します。

    このオプションの使用例は、「タグメッセージを指定して、注釈付きタグを作成する」を参考にしてください。

  タグメッセージを記述したテキストファイルを指定(-F, --file)

    タグメッセージを記述したテキストファイルを指定します。

    このオプションの使用例は、「タグメッセージを記述したファイルを指定して、注釈付きタグを作成する」を参考にしてください。

タグメッセージの処理に関するオプション

  「タグメッセージ」の処理に関するオプションです。

  空白文字やコメント行の処理方法の指定(--cleanup)

    「タグメッセージ」の行末の空白文字を削除するかどうか、コメント行を削除するかどうかを指定するオプションです。

    このオプションの使用例は、「空白文字やコメント行の処理方法を指定して、注釈付きタグを作成する」を参考にしてください。

タグの作成に関するオプション

  タグの作成に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  タグを上書きする(-f, --force)

    デフォルトでは、すでに存在する同名のタグを作成することはできません。
    このオプションを指定すると、同名のタグを上書きして、新規にタグを作成します。

    このオプションの使用例は、「既存のタグを上書きして、タグを作成する」を参考にしてください。

タグ名

  タグの名称を指定します。
  ソフトウェアのバージョンやリリースステージなど、区切りを表す名称がよく利用されます。

  タグの識別子になる

    タグの名称は、各タグを一意に識別する識別子になります。

タグの参照先オブジェクト

  タグのが指す「Gitオブジェクト」を指定します。
  「コミットオブジェクト」を指定するケースが多いでしょう。

  「Gitオブジェクト」を指す参照で指定することもでき、 以下の指定方法が利用できます。

  1. ブランチ名
  2. タグ名
  3. コミットオブジェクトの識別子
  4. HEAD

  1.ブランチ名

    ブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  2.タグ名

    タグが指す「Gitオブジェクト」を指定します。

  3.Gitオブジェクトの識別子

    直接「Gitオブジェクト」の識別子を指定します。
    Gitオブジェクトの識別子は、4文字以上の識別子を入力します。

  4.HEAD

    「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」を指定します。
    「タグの参照先オブジェクト」の指定を省略した時は、「HEAD」が指定された時と同じ動作を行います。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション