kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

署名に使用するPGP鍵を指定して、PGP署名付きの注釈付きタグを作成する

  「注釈付きタグ」に自分の署名を付けられます。
  誰がタグを作成したのか、後で検証することができます。

  署名は、GPGによって行われます。
  また署名に使用するPGP鍵は、ユーザーが指定します。

PGP鍵の確認

  まず署名に使用するPGP鍵を確認します。

  1.PGP鍵

    「パスワードと鍵」で自分のPGP鍵を作成しました。


  2.鍵のプロパティー

    鍵の概要は、以下のようになっています。


コマンドの実行例

  ここでは例として、PGP署名付きの「注釈付きタグ」を作成し、現在のブランチのブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」を指すようにします。

  1.ブランチの一覧

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。

    現在のブランチは「master」ブランチで、ブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」の識別子は「43c196b07fa9379386a794a0cc1af2f5ac0dafc0」であることが分かります。


  2.注釈付きタグの作成

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション オプションの値
-u --local-user= 鍵所有者の名前やメールドレス、鍵IDなど、
鍵を特定する情報
 
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --local-user=kledgeb myTag


  3.タグメッセージの入力

    以下のように、テキストエディターが起動するので、「タグメッセージ」を入力します。


  4.タグメッセージの保存

    「タグメッセージ」を入力したら、ファイルを上書き保存します。


  5.パスワードの入力

    署名に使用する秘密鍵のロックを解除するため、秘密鍵のパスワードを入力して「ロック解除」ボタンをクリックします。


  6.注釈付きタグの作成完了

    エラーメッセージが表示されなければOKです。


  7.タグの確認

    作成した「myTag」の情報を確認すると、以下のように「myTag」が識別子「43c196b07fa9379386a794a0cc1af2f5ac0dafc0」の「Gitオブジェクト」を指していることが分かります。

    また「注釈付きタグ」では、 「タグメッセージ」が表示されます。
    加えて署名が付いているので、署名も表示されます。


    この「Gitオブジェクト」は「1.」の情報から、「master」ブランチのブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」であることが分かります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション