kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

空白文字やコメント行の処理方法を指定して、注釈付きタグを作成する

  「タグメッセージ」の空白文字やコメント行の処理方法を指定して、「注釈付きタグ」を作成します。
  これらの処理方法には、3種類の処理方法があります。

  1.verbatim

    入力された「タグメッセージ」をそのまま採用します。
    空白文字やコメント行の処理は行いません。

    コメント行は削除されず、そのまま「タグメッセージ」に含まれるようになります。

  2.whitespace

    「タグメッセージ」の各行末の空白文字を削除します。
    ただしコメント行は削除されず、そのまま「タグメッセージ」に含まれるようになります。

  3.strip

    「タグメッセージ」の各行末の空白文字を削除します。
    加えて、コメント行も削除します。

    「空白文字やコメント行の処理方法の指定」を省略した場合、この「strip」がデフォルトになります。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.タグメッセージ

    タグ作成時に、以下のタグメッセージを指定します。


  2.オプションについて

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--cleanup=
  1. verbatim
  2. whitespace
  3. strip

1.verbatim

  オプションに「verbatim」を指定した時の例です。

  1-1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --file='/home/ubuntu/git/tagMsg.txt' --cleanup=verbatim myTag


  1-2.タグメッセージの確認

    作成したタグの「タグメッセージ」を確認すると、以下のようになります。


    コメント行は、削除されていません。

  1-3.タグメッセージの確認(テキストエディター)

    「端末」から「タグメッセージ」をコピーして「テキストエディター」に貼り付けると、行末の空白文字が削除されていないことが分かります。


2.whitespace

  オプションに「whitespace」を指定した時の例です。

  2-1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --file='/home/ubuntu/git/tagMsg.txt' --cleanup=whitespace myTag


  2-2.タグメッセージの確認

    作成したタグの「タグメッセージ」を確認すると、以下のようになります。

    コメント行は、削除されていません。

  2-3.タグメッセージの確認(テキストエディター)

    「端末」から「タグメッセージ」をコピーして「テキストエディター」に貼り付けると、行末の空白文字が削除されていることが分かります。


3.whitespace

  オプションに「strip」を指定した時の例です。

  3-1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --file='/home/ubuntu/git/tagMsg.txt' --cleanup=strip myTag


  3-2.タグメッセージの確認

    作成したタグの「タグメッセージ」を確認すると、以下のようになります。

    コメント行は、削除されています。

  3-3.タグメッセージの確認(テキストエディター)

    「端末」から「タグメッセージ」をコピーして「テキストエディター」に貼り付けると、行末の空白文字が削除されていることが分かります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション