kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

タグの一覧を表示する

  「git tag」コマンドは、作成したタグの一覧を表示することもできます。


タグの一覧を表示するコマンドの説明

  タグの一覧を表示するコマンドの説明です。

  コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

git tag <オプション>

  全てのオプションを省略した場合

    全てのオプションを省略した場合、全てのタグを表示します。


パターンに関するオプション

  パターンに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  パターンに合致するタグのみ表示する(-l, --list)

    パターンに合致するタグのみ表示します。

    デフォルトでは、全てのタグが表示されます。
    このオプションでパターンを指定すると、パターンに合致するタグのみ表示できます。

    このオプションの使用例は、「パターンを指定して、パターンに合致するタグのみ表示する」を参考にしてください。

表示フォーマットに関するオプション

  表示フォーマットに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  メッセージの表示と表示する行数の指定(-n)

    「注釈付きのタグ」なら「タグメッセージ」を表示します。
    「軽量タグ」かつ「軽量タグ」が「コミットオブジェクト」を差しているなら、「コミットオブジェクト」の「コミットメッセージ」を表示します。

    表示する行数のデフォルトは1行ですが、このオプションでさらに表示する行数を指定できます。

    このオプションの使用例は、「メッセージの表示と表示する行数の指定して、タグの一覧を表示する」を参考にしてください。

  カラム表示の指定(--column)

    カラム表示の指定を行います。
    デフォルトでは、カラム表示はオフです。

    このオプションの使用例は、「カラム表示を制御して、タグの一覧を表示する」を参考にしてください。

  カラム表示をしない(--no-column)

    カラム表示を行わないオプションです。
    デフォルトでは、カラム表示はオフです。

    このオプションの使用例は、「カラム表示を制御して、タグの一覧を表示する」を参考にしてください。

  バージョン番号で並び替えを行う(--sort)

    タグ名をバージョン番号とみなして、バージョン番号でタグを並び替えて表示します。

     このオプションの使用例は、「バージョン番号でタグを並び替えて表示する」を参考にしてください。

Gitオブジェクトに関するオプション

  「Gitオブジェクト」に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  指定されたGitオブジェクトを指すタグのみ表示(--points-at)

    指定された「Gitオブジェクト」を指すタグのみ表示します。

    このオプションの使用例は、「指定されたGitオブジェクトを指すタグのみ表示する」を参考にしてください。

  指定されたコミットオブジェクトを含むタグのみ表示(--contains)

    指定された「コミットオブジェクト」を含むタグのみ表示します。

    このオプションの使用例は、「指定されたコミットオブジェクトを含むタグのみ表示する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション