kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Recursiveマージストラテジーで、gitattributesで定義した属性を適用してから、マージする

  「Recursiveマージストラテジー」では、「HEAD」の「gitattributes」で定義した属性を適用してから、マージを行うことができます。

  属性の適用対象は、マージする全てのファイルが対象になります。

    マージするブランチに含まれるファイルの改行コードを揃えたい時など、フィルターを実行してからマージしたい時に利用します。

gitattributesを適用せずマージした場合

  比較のため、まず「HEAD」の「gitattributes」で定義した属性を適用せずにマージしたケースを紹介します。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


    ここでは例として、「master」ブランチに「fix」ブランチをマージします。

  2.ブランチの状態

    ブランチの状態を図にすると、以下のようになります。


  3.masterブランチのcommon.txtの中身

    「master」ブランチの「common.txt」の中身は、以下のようになっています。


    「common.txt」の改行コードを調べると、「LF」であることが分かります。
    「LF」は、UbuntuやOS Xのデフォルトの改行コードです。


  4.fixブランチのcommon.txtの中身

    「fix」ブランチの「common.txt」の中身は、以下のようになっています。


    一見「master」ブランチの「common.txt」の中身と同じように見えます。
    実際文字列の構成は同じです。

    しかし「common.txt」の改行コードを調べると、「CR + LF」であることが分かります。
    「CR + LF」は、Windowsのデフォルトの改行コードです。


  5.masterのgitattributes

    「master」ブランチの「gitattributes」の中身は、以下のようになっています。


  6.マージを行う

    「master」ブランチに「fix」ブランチをマージします。
    マージすると、以下のように「common.txt」ファイルで「マージコンフリクト」が発生します。


  7.common.txtの中身

    「マージコンフリクト」が発生した「common.txt」ファイルの中身を見ると、コンフリクトが発生した差分に「コンフリクトマーカー」が挿入されています。


    文字列の構成は同じですが、改行コードが異なるため、差分として検出されています。

gitattributesで定義した属性を適用してから、マージする

  上記の例を利用して、「gitattributes」で定義した属性を適用してから、マージしてみます。
  上記の「5.」までは同じです。

  6.マージを行う

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション オプションの値
-X --strategy-option= renormalize

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ファイルのマージを行うコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git merge --verbose --strategy=recursive --strategy-option=renormalize fix


  7.コミットメッセージの入力

    「3ウェイマージ」によるマージが行われ、かつ、「マージコンフリクト」が発生しなかったため、「マージコミット」が行われます。

    通常のコミットと同様に「コミットメッセージ」を入力します。


    「fix」ブランチ及び「マージベース」の「common.txt」ファイルの改行コードが「LF」に変換されてからマージが行われたため、「マージコンフリクト」は発生しません。

    「コミットメッセージ」を入力したら、ファイルを上書き保存してテキストエディターを終了します。

  8.コマンドの実行結果

    「3ウェイマージ」によるマージの結果が表示されます。


    「Recursiveマージストラテジー」でマージを行ったと表示されています。

  9.common.txtファイルの中身

    上記の例で「マージコンフリクト」が発生した「common.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


    「common.txt」の改行コードを調べると、「LF」であることが分かります。


  10.マージ後のブランチの確認

    マージ後のブランチを確認すると、以下のようになっています。


    「master」ブランチのブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」の識別子は、「マージコミット」で生成した「コミットオブジェクト」を指しています。

  11.マージ後のブランチの状態

    マージ後のブランチの状態を図にすると、以下のようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション