kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

サブモジュールの状態を表示する

  サブモジュールの状態を表示します。

  1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールの状態を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

git submodule status


  2.コマンドの実行結果

    以下のように「サブモジュール」の状態が表示されます。


    1行1サブモジュールで、「サブモジュール」の状態が表示されます。
    上記の場合、「サブモジュール」が2つ存在しています。

出力される内容

  出力される内容は、以下の4種類の情報です。

  1. サブモジュールの状態
  2. サブモジュールのコミットオブジェクトの識別子
  3. サブモジュールのワーキングディレクトリー
  4. サブモジュールの現在のブランチ

1.サブモジュールの状態 

  「サブモジュール」の状態が表示されます。

  記号なし

    「サブモジュール」がクローン及びチェックアウトされている状態です。
    また、「コミットID」と「サブモジュール」の「HEAD」が指すコミットオブジェクトの識別子が同じ状態です。


  +

    「サブモジュール」がクローン及びチェックアウトされている状態です。
    また、「コミットID」と「サブモジュール」の「HEAD」が指すコミットオブジェクトの識別子が異なっている状態です。


  -

    「サブモジュール」が初期化されていないか、クローンもしくはチェックアウトされていない状態です。


2.サブモジュールのコミットオブジェクトの識別子

  「サブモジュール」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」の識別子が表示されます。

3.サブモジュールのワーキングディレクトリー

  「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスが、相対パスで表示されます。
  基準となるパスは、コマンドを実行した時のカレントディレクトリーのパスです。

4.サブモジュールの現在のブランチ

  サブモジュールの現在のブランチが表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション