kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

サブモジュール初期化時にシャロークローンを指定して、サブモジュールを更新する

  「サブモジュール」をクローンする際、「シャロークローン」を行います。

  補足

    すでにクローン済みの「サブモジュール」に対して「シャロークローン」を指定しても、効果がありません。

    「シャロークローンを指定して、サブモジュールを追加する」も参考にしてください。

  注意

    「コミットID」が指す「コミットオブジェクト」が含まれるようにしてください。
    さもないと、「サブモジュール」のチェックアウトに失敗します。

    例えば、以下のような構成の「サブモジュール」があるとします。


    取得するスナップショットの世代数に1を指定し「サブモジュール」を「シャロークローン」すると、以下のようにチェックアウトに失敗します。


  1.サブモジュールの状態

    「サブモジュール」の状態を見てみます。
    以下のように、「mySubProject」サブモジュールが配置されています。


  2.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--depth 取得するスナップショットの世代数

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールを更新するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git submodule update --init --depth 2 --checkout


  3.コマンドの実行結果

    以下のように、「サブモジュール」のクローンとチェックアウトが行われます。


  4.サブモジュールのコミットログ

    「サブモジュール」のコミットログを見ると、2世代分の「コミットオブジェクト」しかないため、2世代分のログのみ表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション