kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

コミットIDとサブモジュールのHEADが指すコミットオブジェクト間のサマリーを表示する

  「コミットID」が指す「コミットオブジェクト」と、「サブモジュール」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」間のサマリーを表示します。

  1.サブモジュールのHEAD

    「サブモジュール」の「HEAD」は、「master」ブランチを指しています。


    ここでは「master」ブランチに着目します。

  2.コミットID

    「サブモジュール」の「コミットID」を確認すると、以下のようになっています。


  3.コミットオブジェクトの構成とコミットID

    「master」ブランチの「コミットオブジェクト」の構成と「コミットID」を図にすると、以下のようになります。


  4.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールのコミットオブジェクト間のサマリーを表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

 git submodule summary


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、「コミットID」が指す「コミットオブジェクト」と、「サブモジュール」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」間のサマリーが表示されます。


    上図で言うところの、「Commit5」〜「Commit2」までのサマリーが表示されています。
    サマリーは、「HEAD」から「コミットID」に向かって表示されます。

  > サインについて

    各サマリーの頭に表示されている「>」サインは、「親コミットオブジェクト」向かっている、という意味です。

    逆に、「子コミットオブジェクト」へ向かう場合は、「<」サインが表示されます。

< サインの例

  「<」サインが表示される例です。

  1.サブモジュールのHEAD

    「サブモジュール」の「HEAD」は、「new」ブランチを指しています。


  2.コミットID

    「サブモジュール」の「コミットID」を確認すると、以下のようになっています。


  3.コミットオブジェクトの構成とコミットID

    「master」ブランチの「コミットオブジェクト」の構成と「コミットID」を図にすると、以下のようになります。


  4.コマンドの実行結果

    以下のように、「コミットID」が指す「コミットオブジェクト」と、「サブモジュール」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」間のサマリーが表示されます。


    上図で言うところの、「Commit7」〜「Commit6」及び、「Commit5」〜「Commit3」までのサマリーが表示されています。

    サマリーは、「HEAD」からブランチの分岐点及び、「コミットID」からにブランチの分岐点に向かって表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション