kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

表示するサマリー数を指定して、コミットオブジェクト間のサマリーを表示する

  表示するサマリー数を指定して、コミットオブジェクト間のサマリーを表示します。
  サマリー数とは、コミットオブジェクトの数です。

  ここでは例として、サマリーを最大3つまで表示してみます。

オプションの値について

  オプションの値には、表示するサマリーの最大数を指定します。

  0を指定した場合

    オプションの値に「0」を指定した場合、サマリーは表示されません。

  マイナス値を指定した場合

    マイナス値(-1など)を指定した場合、表示するサマリーの最大数を制限しません。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション オプションの値
-n --summary-limit 表示するサマリーの最大数

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールのコミットオブジェクト間のサマリーを表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git submodule summary --summary-limit 3


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、最大3つのサマリーが表示されます。


  0を指定した場合

    「0」を指定した場合、以下のようにサマリーは表示されません。


  -1を指定した場合

    「-1」などマイナス値を指定した場合、サマリーがすべて表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション