kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

サブモジュールの登録を抹消するコマンドの説明

  「git submodule」コマンドは、「サブモジュール」の登録を抹消することもできます。


  サブモジュールの登録の抹消

    以前紹介したサブモジュールの初期化と反対のことを行います。
    ですので、すでに初期化済みの「サブモジュール」に対して使用します。

    登録が抹消された「サブモジュール」は、未初期化の「サブモジュール」になります。

    つまり、「config」ファイルから「サブモジュール」の情報が削除され、「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」内のファイルが全て削除されます。

  サブモジュールの削除は行わない

    あくまで初期化済みの「サブモジュール」を未初期化の状態に戻すだけで、「サブモジュール」そのものの削除を行うものではありません。

    必要であれば再度「サブモジュール」を初期化し、「サブモジュール」を利用することも可能です。

  どういう時に利用するか

    多くの場合「git submodule」コマンドは、ユーザーが操作対象の「サブモジュール」を指定しない限り、すべての「サブモジュール」に対して操作を行います。

    この時、未初期化の「サブモジュール」は、操作対象外になります。
    ですので、すでに用が済んだ「サブモジュール」を常に操作対象外にしたい時に、「サブモジュール」を未初期化の状態に戻すとよいでしょう。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git submodule <情報出力オプション> deinit <オプション> <ワーキングディレクトリーのパス>

  このコマンドの基本的な使い方は、「サブモジュールの登録を抹消し、サブモジュールを未初期化の状態に戻す」を参考にしてください。

情報出力オプション

  情報の出力に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  エラーメッセージのみ出力する(-q, --quiet)

    このオプションを指定すると、エラーメッセージのみ出力します。

登録の抹消に関するオプション

  登録の抹消に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。
  

  強制的に登録を抹消する(-f, --force)

    「サブモジュール」の登録を強制的に抹消します。
    このオプションの使用例は、「強制的にサブモジュールの登録を抹消する」を参考にしてください。

ワーキングディレクトリーのパス

  登録を抹消する「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを指定します。
  このオプションは省略できません。

  このオプションの使用例は、「サブモジュールの登録を抹消し、サブモジュールを未初期化の状態に戻す」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション