kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

サブモジュールのURL設定を同期するコマンドの説明

  「git submodule」コマンドは、「サブモジュール」のURL設定を同期することができます。


  サブモジュールのURL設定

    「サブモジュール」のURL設定とは、「submodule.サブモジュール名.url」設定のことです。

    「.gitmodules」ファイルに記述されているサブモジュールのURLを、リポジトリーの設定ファイルである「config」ファイルに反映します。

  どういう時に使うのか

    「サブモジュール」初期化後、別のユーザーが「.gitmodules」ファイルに記述されている既存の「サブモジュール」のURL設定を変更したとします。

    「Git」は、「サブモジュール」のURLを「config」ファイルから取得するため、このままでは、変更後のURLは使用されません。

    そこで、「.gitmodules」ファイルに記述されている「サブモジュール」のURL設定を同期し、「config」ファイルにURL設定を反映します。

    これで「Git」は、変更後のURLにアクセスするようになります。

  サブモジュールの初期化との違い

    「サブモジュール」の初期化も、「.gitmodules」ファイルの「サブモジュール」の設定を「config」ファイルに反映します。

    しかし「サブモジュール」を再初期化しても、「config」ファイルにすでに記述されている設定は、変更されません。
    設定の上書きは行わない、ということです。

    URL設定の同期では、 常に「.gitmodules」ファイルに記述されている「サブモジュール」のURL設定を、「config」ファイルに反映します。
    設定の上書きを行います。

    また「サブモジュール」の初期化では、「サブモジュール」のURL設定以外にもいくつかの設定を「config」ファイルに反映しますが、URL設定の同期では、URLの設定のみを「config」ファイルに反映します。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git submodule <情報出力オプション> sync <オプション> <ワーキングディレクトリーのパス>

  このコマンドの基本的な使い方は、「サブモジュールのURL設定を同期する」を参考にしてください。

情報出力オプション

  情報の出力に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  エラーメッセージのみ出力する(-q, --quiet)

    このオプションを指定すると、エラーメッセージのみ出力します。

サブモジュールに関するオプション

  「サブモジュール」に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  再帰的にサブモジュールを同期する(--recursive)

    デフォルトでは、「スーパープロジェクト」直下の「サブモジュール」が同期対象になります。

    このオプションを指定すると、「サブモジュール」内の「サブモジュール」など、再帰的に「サブモジュール」を同期対象にします。

    このオプションの使用例は、「再帰的にサブモジュールを同期対象にする」を参考にしてください。

ワーキングディレクトリーのパス

  URL設定を同期する「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを指定します。

  ワーキングディレクトリーのパスを省略した場合

    「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを省略した場合、すべての「サブモジュール」が同期対象になります。

  特定のサブモジュールのみ、同期対象にすることもできる

    「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを指定すれば、特定のサブモジュールのみ、同期対象にできます。

    「ワーキングディレクトリー」のパスを指定する例は、「URL設定を同期するサブモジュールを指定して、サブモジュールのURL設定を同期する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション