kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

pre-rebaseフックの有効・無効を指定して、リベースを行う

  「pre-rebase」フックの有効・無効を指定して、リベースを行います。
  テスト用に、以下の「pre-rebase」フックを用意しました。

  1.pre-rebaseフック

    「pre-rebase」フックファイルは、「.git/hooks」に配置します。
    ファイル名は、「pre-rebase」です。


  2.pre-rebaseフックの中身

    「pre-rebase」フックの中身は、以下のように記述しました。


pre-rebaseフックを有効にして、リベースを実行する

  「pre-rebase」フックを有効にして、リベースを実行します。
  デフォルトでは、 「pre-rebase」フックは有効です。

  1.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--verify

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ファイルの変更内容を異なるブランチに結合するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git rebase --verbose --verify master


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、「pre-rebase」フックが実行されています。


pre-rebaseフックを無効にして、リベースを実行する

  「pre-rebase」フックを無効にして、リベースを実行します。

  1.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--no-verify

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ファイルの変更内容を異なるブランチに結合するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git rebase --verbose --no-verify master


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、「pre-rebase」フックの実行がスキップされています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション