kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リベースの自動スカッシュ(fixup)用のコミットメッセージを生成して、コミットを行う

  リベースの自動スカッシュ(fixup)用のコミットメッセージを生成して、コミットを行います。

コマンドのオプションについて

  コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--fixup= 自動スカッシュ(fixup)先のコミットオブジェクト

  「コミットオブジェクト」には、以下の指定方法が利用できます。

  1. ブランチ
  2. タグ
  3. コミットオブジェクトの識別子 
  4. HEAD

  1.ブランチ

    ブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  2.タグ

    タグが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  3.コミットオブジェクトの識別子

    直接「コミットオブジェクト」の識別子を指定します。
    コミットオブジェクトの識別子は、4文字以上の識別子を入力します。

  4.HEAD

     「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」を指定します。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  4.コミットの実行 

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--fixup= 自動スカッシュ(fixup)先のコミットオブジェクト

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    ここでは例として、「Commit3」を自動スカッシュ(fixup)先に指定します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。 

git commit --fixup=HEAD


  5.コミット完了

    以下のように、コミットが実行されます。


  6.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    「master」ブランチが指す「コミットオブジェクト」の識別子が、「1.」と異なっています。


  7.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  8.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  9.コミットログの確認

    「Commit6」と「Commit3」のコミットログを確認すると、「Commit6」の「コミットタイトル」に自動スカッシュ(fixup)用の文字列(fixup! )が追加されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション