kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

efibootmgr

  「efibootmgr」は、UEFIブートマネージャーを操作するコマンドです。
  「efibootmgr」を利用すると、UEFIブートマネージャーに起動エントリーを作成したり、起動エントリーの順番を変更することができます。

  UEFIブートマネージャーとは

    Window 7の一部のPCやWindows 8以降のPCでは、BIOSの代わりにUEFIが搭載されるようになりました。
    UEFIやUEFIとUbuntuの関係については、以下を参考にしてください。


    UEFIブートマネージャーは、起動するOSのブートローダー(OSローダー)を管理しています。
    PCの電源をれるとUEFIが起動し、UEFIブートマネージャーに登録されているブートローダーを実行します。

  UEFIブートマネージャーには、複数のブートローダーを登録できる

    UEFIブートマネージャーには、複数のブートローダーを登録できます。
    WindowsのブートローダーやUbuntuのブートローダーを登録し、UEFIのブートマネージャーから特定のブートローダーを実行できます。

  ブートローダーには順番がある

    登録されたブートローダーには、起動順が設定されます。
    優先順位が高いブートローダーから順番に実行を試し、ブートローダーが存在していればそのブートローダーを実行します。

    ブートローダーが無事起動すれば、そのブートローダーより優先順位が低いブートローダーの実行はスキップされます。

    従ってUEFIブートマネージャーに複数のブートローダーが登録されていても、実行されるブートローダーは1つだけです。

    ユーザーがUEFIブートマネージャーから任意のブートローダーを実行することもできます。

  UEFIブートマネージャーのエントリー

    UEFIブートマネージャーに登録されているブートローダーなどの項目を、「エントリー」と言います。

  UEFIブートマネージャーはGRUB2の役割に似ている

    仕組みは全く異なりますが、ユーザーから見るとUEFIブートマネージャーはGRUB2の役割と似ています。

    すなわち、起動するOSの管理と起動です。

    以下の画面は、UEFIブートマネージャーの画面です。
    PCにより見た目や操作方法が変わります。


    以下の画面は、GRUB2の画面です。


    いずれも、起動するOSの管理や起動を行っています。

  efibootmgrはUEFIブートマネージャーを操作できる

    UEFIブートマネージャーに対する操作はUEFI上で行いますが、「efibootmgr」を利用すればUbuntu上からUEFIブートマネージャーを操作することができます。

efibootmgrのインストール

  「efibootmgr」のインストールです。
 (UEFIでUbuntuをインストールすれば、デフォルトでインストールされます。)

  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「efibootmgr」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  注意

     「efibootmgr」は、UEFIで起動しているUbuntu上から利用できるコマンドです。
    BIOSで起動しているUbuntuからは利用できません。

    また、BIOSで起動しているUbuntuに「efibootmgr」をインストールしないでください。

    UbuntuがUEFIで起動しているかBIOSで起動しているか調べるには、「UbuntuがBIOSで起動しているのか、UEFIで起動しているのか調べるには」を参考にしてください。

UEFIブートマネージャーに登録されているエントリーの一覧を表示する

   UEFIブートマネージャーに登録されている「エントリー」の一覧を表示します。

  1.コマンドの実行 

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo efibootmgr


  2.エントリーの一覧表示

    以下のように、現在UEFIブートマネージャーに登録されている「エントリー」の一覧が表示されます。


    出力内容の見方は、後述の「エントリー一覧の見方」を参考にしてください。

エントリーの一覧を詳細表示する

   UEFIブートマネージャーに登録されている「エントリー」の一覧を詳細表示します。

  1.コマンドの実行 

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。 

sudo efibootmgr -v


  2.エントリーの一覧表示

    以下のように、現在UEFIブートマネージャーに登録されている「エントリー」の一覧が詳細表示されます。


    「エントリー」の内容も表示されます。
    出力内容の見方は、後述の「エントリー一覧の見方」を参考にしてください。

エントリー一覧の見方

  エントリー一覧の見方です。

  BootCurrent

    現在動作しているOSの起動に使用されたエントリーの番号が表示されます。

  BootOrder

    エントリーの起動順(優先順位)がエントリーの番号で表示されます。
    この順番でエントリーに指定されている内容の実行が試され、起動に失敗すれば次のエントリーの内容の実行が試されます。

  BootNext

    次回PC起動時に実行されるエントリーの番号が表示されます。
    「BootNext」は「BootOrder」よりも優先されますが、実行されるのは1度のみです。
    1度実行されると「BootNext」は削除されます。

    「BootOrder」を変更せずに最も優先順位が高いエントリーを一時的に設定することができます。

  Timeout

    デフォルトのエントリーが自動的に選択されるまでの時間が表示されます。

  BootXXXX

    エントリーです。

    「*」マークが付いているエントリーは、UEFIブートマネージャーで有効になっているエントリーです。
    「*」マークがついていないエントリーは、UEFIブートマネージャーで無効になっているエントリーです。

    4桁の数値は、各エントリーを識別する番号(16進数)です。

    また、UEFIブートマネージャーで表示するエントリーの名称が表示されます。
    詳細表示では、エントリーが実行する内容も表示されます。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション