kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

UEFIブートマネージャーにブートローダーを登録する

  UEFIブートマネージャーにブートローダーを登録します。
  ブートローダーの登録は、エントリーの作成で行います。


コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

  • ロングオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr --create --disk 'EFIシステムパーティションがあるディスク' --part 'パーティションの番号' --loader 'ブートローダーのパス' --label 'エントリー名'

  • ショートオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr -c -d 'EFIシステムパーティションがあるディスク' -p 'パーティションの番号' -l 'ブートローダーのパス' -L 'エントリー名'

  --disk 'EFIシステムパーティションがあるディスク'

    EFIシステムパーティションがあるディスクのデバイスファイルを指定します。
    このオプションを省略すると、「/dev/sda」が指定されたものとして扱われます。

    記述例

      /dev/sda

  --part 'パーティションの番号'

    EFIシステムパーティションのパーティション番号を指定します。
    このオプションを省略すると、「1」が指定されたものとして扱われます。     

    記述例

      1

  --loader 'ブートローダーのパス'

    登録するブートローダーのパスを指定します。
    パスの区切り記号は、\\(バックスラッシュ2文字)で記述します。

    記述例

      \\EFI\\ubuntu\\shimx64.efi


  --label 'エントリー名'

    エントリー名を指定します。
    エントリー名は、UEFIブートマネージャーに表示されます。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.登録するブートローダー

    ここでは例として、Ubuntuのブートローダー(GRUB2のブートローダー)である「shimx64.efi」をUEFIブートマネージャーに登録します。


    EFIシステムパーティションは、「/dev/sda1」です。
    「shimx64.efi」のパスは、「/EFI/ubuntu/shimx64.efi」です。

  2.登録前のUEFIブートマネージャーの状態

    ブートローダー登録前のUEFIブートマネージャーの状態を見てみます。
    以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    以下のコマンドを実行してブートローダーを登録します。

sudo efibootmgr --create --disk /dev/sda --part 1 --loader \\EFI\\ubuntu\\shimx64.efi --label Ubuntu2


  4.コマンドの実行結果

    登録に成功すると、以下のようにUEFIブートマネージャーの状態が表示されます。


  5.登録後のUEFIブートマネージャーの状態

    ブートローダー登録後のUEFIブートマネージャーの状態を見てみます。
    以下のようになっています。


    ブートローダーは、「Boot0004」に登録されています。
    また、「BootOrder」の1番目に「0004」が設定されています。

  6.UEFIブートマネージャーの確認

    PCを再起動してUEFIブートマネージャーを確認します。
    以下のように、「Ubuntu2」が登録されています。


  7.ブートローダーの実行

    「Ubuntu2」を実行すると、以下のようにGRUB2が起動します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション