kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

エントリーの起動順を変更する

  エントリーの起動順を変更します。

  コマンドのフォーマット

    コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

  • ロングオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr --bootorder  'エントリー番号,エントリー番号,・・・'

  • ショートオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr -o 'エントリー番号,エントリー番号,・・・'

  --bootorder 'エントリー番号,エントリー番号,・・・'

    エントリーの起動順にエントリーの番号を「,」区切りで指定します。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.現在の起動順の確認

    現在の起動順を確認すると、以下のようになっています。


    「BootOrder」の内容から、起動順は以下のようになります。

  • Boot0004* Ubuntu2
  • Boot0003* ubuntu
  • Boot0000* EFI DVD/CDROM
  • Boot0001* EFI Hard Drive
  • Boot0002* EFI Internal Shell

    ここでは例として、以下のように起動順を変更します。

  • Boot0003* ubuntu
  • Boot0004* Ubuntu2
  • Boot0000* EFI DVD/CDROM
  • Boot0001* EFI Hard Drive
  • Boot0002* EFI Internal Shell

  2.コマンドの実行

    以下のコマンドを実行してエントリーの起動順を変更します。

sudo efibootmgr --bootorder 3,4,0,1,2


  3.コマンドの実行結果

    以下のように起動順が変更されます。


  4.UEFIブートマネージャーの確認

    PCを再起動してUEFIブートマネージャーを確認すると、以下のように指定した起動順通りになっています。


重複したエントリーの起動順を削除する

  重複したエントリーの起動順を削除します。

  コマンドのフォーマット

    コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

  • ロングオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr --remove-dups

  • ショートオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr -D

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.現在の起動順の確認

    現在の起動順を確認すると、以下のようになっています。


    「BootOrder」を見ると、「0003」が重複して指定されています。

  2.コマンドの実行

    以下のコマンドを実行して重複したエントリーの起動順を削除します。

sudo efibootmgr --remove-dups


  3.コマンドの実行結果

    以下のように、重複している起動順が削除されます。


エントリーの起動順を削除する

  エントリーの起動順を削除します。

  注意

    通常、エントリーの起動順を削除する必要はありません。
    エントリーの起動順を削除した場合、UEFIブートマネージャーがどのような動作をするかは、UEFIの実装によります。

  コマンドのフォーマット

    コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

  • ロングオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr --delete-bootorder

  • ショートオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr -O

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.現在の起動順の確認

    現在の起動順(BootOrder)を確認すると、以下のようになっています。


  2.コマンドの実行

    以下のコマンドを実行してエントリーの起動順を削除します。

sudo efibootmgr --delete-bootorder


  3.コマンドの実行結果

    以下のように、起動順が削除されます。
    「No BootOrder is set; firmware will attempt recovery」と表示されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション