kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

トラックされていないファイルをワーキングツリーから削除する

  「トラックされていないファイル」を「ワーキングツリー」から削除します。

  gitignoreで指定されているファイルについて

    デフォルトでは、「gitignore」で指定されているファイルは削除対象外です。

  サブフォルダー以下のファイルも再帰的にチェックされる

    サブフォルダー以下のファイルも再帰的にチェックされ、「トラックされていないファイル」は削除対象になります。

  トラックされていないファイルしか存在しないサブフォルダーは削除対象外

    デフォルトでは、「トラックされていないファイル」しか存在しないサブフォルダー内のファイルは、削除対象外です。

    言い換えると、自身がトラックされていないフォルダーは、削除対象外です。

  clean.requireForce設定について 

    「clean.requireForce」設定が「false」に設定されていない場合、ユーザーはファイルの削除を明示するオプションを指定しない限り、ファイルの削除は行われません。


    デフォルトでは、「true」に設定されています。
    また以下のオプションは、「clean.requireForce」設定に関わらず利用できます。

  • --dry-run
  • --interactive

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.ワーキングツリーの状態

     「ワーキングツリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


    「トラックされていないファイル」が2つ存在します。

  2.ワーキングディレクトリー

    「ワーキングディレクトリー」を「Nautilus」で開くと、以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

    コマンドの詳細は、「トラックされていないファイルをワーキングツリーから削除するコマンドの説明」を参考にしてください。

git clean
 

  4.コマンドの実行結果

    以下のように、削除されたファイルの一覧が表示されます。


  5.ワーキングツリーの状態

     「ワーキングツリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  6.ワーキングディレクトリー

    「ワーキングディレクトリー」を「Nautilus」で開くと、以下のようになっています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション