kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ワーキングツリーがダーティーな時に出力結果にサフックスを追加して、コミットオブジェクトから到達できる最初の注釈付きのタグを表示する

  「ワーキングツリー」の状態が「ダーティー」な時に出力結果にサフックスを追加して、「コミットオブジェクト」から到達できる最初の「注釈付きのタグ」を表示します。

コマンドのオプションについて

  コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--dirty= サフィックス

  サフィックス

    「ワーキングツリー」の状態が「ダーティー」な時に出力結果に追加するサフィックスを指定します。
    サフィックスを省略した場合、「-dirty」が指定されます。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.タグの確認

    タグの一覧を表示すると、以下のようになります。


  3.ブランチのとタグの構成

    ブランチとタグの構成を図にすると、以下のようになっています。


    ここでは例として、「Commit6」から検索を開始します。

  4.ワーキングツリーの状態

    「ワーキングツリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


    編集されたファイルが存在しているため、「ワーキングツリー」の状態が「ダーティー」になっています。

  5.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--dirty= サフィックス

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「コミットオブジェクトから到達できる最初の参照を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

git describe --dirty


  6.コマンドの実行結果

    以下のように、「コミットオブジェクト」から到達できる最初のタグが表示されます。
    また、結果に「-dirty」が追加されています。


サフィックスを指定した例

  サフィックスを指定した例です。
  「1.」から「4.」は上記と同じです。

  5.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「コミットオブジェクトから到達できる最初の参照を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

git describe --dirty=-NotClean


  6.コマンドの実行結果

    以下のように、「コミットオブジェクト」から到達できる最初のタグが表示されます。
    また、結果に指定したサフィックスである「-NotClean」が追加されています。


ワーキングツリーがクリーンだった場合は

  ワーキングツリーがクリーンだった場合は、以下のようにサフィックスは追加されません。


 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション