kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

gnome-session-quit

  「gnome-session-quit」コマンドは、ユーザーセッション(GNOMEセッション)からログアウトや再起動などを行うコマンドです。

  「セッションインジケーター」からログアウトや再起動を行えますが、これをコマンドで実行できます。

  コマンドのフォーマット 

    コマンドのフォーマットは、以下のようになっています。

gnome-session-quit [--logout|--power-off|--reboot] [--force] [--no-prompt]

--logout

  ログアウトします。
  このオプションはデフォルトのオプションです。

  1.コマンドの実行

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

gnome-session-quit --logout


  2.ログアウト確認画面の表示

    以下のように、ログアウトの確認画面が表示されます。


    左から、以下のようにアイコンが並びます。

  • ロック
  • ログアウト

--power-off

  PCをシャットダウンします。

  1.コマンドの実行

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

gnome-session-quit --power-off


  2.シャットダウン確認画面の表示

    以下のように、シャットダウン確認画面が表示されます。


    左から、以下のようにアイコンが並びます。

  • ロック
  • サスペンド
  • 再起動
  • シャットダウン

--reboot

  PCを再起動します。

  1.コマンドの実行

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

gnome-session-quit --reboot


  2.再起動確認画面の表示

    以下のように、再起動確認画面が表示されます。


    左から、以下のようにアイコンが並びます。

  • 再起動
  • シャットダウン 

--force

  このオプションを指定すると、セッションの終了を妨害する動作を無視して、ログアウト等を行います。

  注意(2015/11/21)

    Ubuntuでは、このオプションは正常に動作しませんでした。

--no-prompt

  確認画面を表示せず、セッションを終了します。
  このオプションは、「--logout」オプションと組み合わせて使用します。

  1.コマンドの実行

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

gnome-session-quit --logout --no-prompt


  2.ログアウト完了

    確認画面を表示せず、ログアウトします。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション