kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

オーサーの情報にコミッターの情報を使用して、コミットを行う

  オーサーの情報にコミッターの情報を使用して、コミットを行います。

  「コミットメッセージ」を自動生成する以下のオプションを指定した時や、チェリーピックのコンフリクト後にコミットした時は、オーサーの情報が処理対象の「コミットオブジェクト」のオーサーの情報になります。


  処理対象の「コミットオブジェクト」のオーサーの情報を使用せず、コミッターの情報をオーサーの情報に使用することもできます。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  4.コミットの実行 

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--reset-author

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git commit --reuse-message=HEAD --reset-author


  5.コミット完了

    以下のように、コミットが実行されます。


  6.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    「master」ブランチが指す「コミットオブジェクト」の識別子が、「1.」と異なっています。


  7.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  8.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  9.コミットログの確認

    「Commit6」と「Commit3」のコミットログを確認すると、「Commit6」のオーサーの情報は、今回コミットを実行したコミッターの情報になっています。
    処理対象である「Commit3」のオーサーの情報は使用されていません。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション