kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コミット対象になるファイルの一覧を、改行コードの代わりにNULで出力する

  デフォルトでは、出力される情報は改行(LF)して表示されます。
  コミット対象になるファイルの一覧を、改行コードの代わりにNULで出力することも可能です。

  シェルスクリプトなど、プログラムからファイルの状態を解析したい時に利用します。
  ショートフォーマットとスクリプト向けフォーマットでのみ使用できます。

  フォーマットに関するオプションを指定しなかった場合、暗黙のうちに「--porcelain」が指定されます。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


    「ステージングエリア」に「master.txt」ファイルが追加されており、「master.txt」ファイルがコミット対象のファイルであることが分かります。
    すなわち、コミットにより「master.txt」ファイルが「スナップショット」に反映されます。

  4.コマンドの実行 

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-z --null

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git commit --null


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、 改行コード(LF)の代わりにNULで情報が出力されます。
    表示される内容の見方は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を、ショートフォーマットで表示する」を参考にしてください。


    出力された内容の「NUL」を「¥00」で表現すると以下のようになります。

M  master.txt\00 M sample.txt\00?? a.txt\00?? link.txt\00


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション