kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コミットメッセージにSigned-off-byを追加して、コミットを行う

  「コミットメッセージ」にSigned-off-byを追加して、コミットを行います。

  Signed-off-byとは

    「Signed-off-by」とは、一部のプロジェクトで使用される署名です。
    署名と行ってもPGP署名のようなものではなく、コミッターの情報を記述した文字列です。

    例えばLinux Kernelでは、DCO(Developer Certificate of Origin)の手続きに則った宣誓を表す署名として使用されています。

    DCOについては、「OSSコミュニティのリスク対策」や「11) Sign your work」を参考にしてください。

    この「Signed-off-by」は、各プロジェクトが意味を持たせるものなので、特に意味を定義していないプロジェクトでは意味を持ちません。

    もし自分のプロジェクトで「Signed-off-by」を使用する場合は、必ず「Signed-off-by」の意味を明確に表明しておきましょう。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  4.コマンドの実行 

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-s --signoff

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git commit --signoff


  5.コミットメッセージの入力

    テキストエディターが起動し、「コミットメッセージ」を入力する画面が表示されます。
    「コミットメッセージ」に「Signed-off-by」が入力されています。


    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「コミットメッセージ」を入力したら、ファイルを上書き保存してテキストエディターを終了します。

  6.コマンドの実行結果

    以下のように、コミットが行われます。


  7.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    「master」ブランチが指す「コミットオブジェクト」の識別子が、「1.」と異なっています。


  8.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  9.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  10.コミットログの確認

    「Commit6」のコミットログを確認すると、「Signed-off-by」が反映されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション