kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

空のコミットを許容して、コミットを行う

  空のコミットを許容して、コミットを行います。
  デフォルトでは、ファイルが変更されていない状態でコミットを行うと、以下のようにコミットは行われません。


  必要であれば、ファイルが変更されていない状態でコミットを行うこともできます。
  この時に生成される「スナップショット」には、ファイルの差分は含まれません。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


    編集されているファイルや「ステージングエリア」に追加されているファイルは存在しません。

  4.コマンドの実行 

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--allow-empty

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

 git commit --allow-empty


  5.コミットメッセージの入力

    テキストエディターが起動し、「コミットメッセージ」を入力する画面が表示されます。


    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「コミットメッセージ」を入力したら、ファイルを上書き保存してテキストエディターを終了します。

  6.コマンドの実行結果

    以下のように、コミットが行われます。


  7.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    「master」ブランチが指す「コミットオブジェクト」の識別子が、「1.」と異なっています。


  8.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  9.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  10.差分の確認

    「Commit6」と「Commit3」の差分を確認すると、差分がないことが分かります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション