kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

トラックされていないファイルの表示を制御する

  トラックされていないファイルの表示を制御します。

  「git commit」コマンドは、ワーキングディレクトリー内のファイルの状態を表示する機能があります。
  この時「トラックされていないファイル」の表示を制御することができます。

  例えば「--dry-run」オプションを指定すると、以下のように「トラックされていないファイル」 が表示されます。


  「コミットメッセージ」の入力画面でも、以下のように「トラックされていないファイル」 が表示されます。


コマンドのオプションについて

  「トラックされていないファイル」の表示を制御するオプションは、以下のようになります。

ショートオプション ロングオプション オプションの値
-u --untracked-files=
  1. no
  2. normal
  3. all

  ショートオプション利用時の注意事項

    ショートオプション(-u)を利用する場合、オプションとオプションの値の間に空白スペースを挟まず、つなげて記述してください。

    例えばオプションの値に「no」を指定する場合、以下のような記述になります。

git commit --dry-run -uno

1.no

  「トラックされていないファイル」を表示しません。

  1-1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。
    
git commit --dry-run --untracked-files=no


  1-2.コマンドの実行結果

    以下のように、「トラックされていないファイル」は表示されません。


2.normal

  「トラックされていないファイル」を表示します。

  ただし、サブフォルダー内の 「トラックされていないファイル」は個別に表示せず、「トラックされていないファイル」が配置されているサブフォルダーのみ表示します。

  2-1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。
    
git commit --dry-run --untracked-files=normal


  2-2.コマンドの実行結果

    以下のように、「トラックされていないファイル」が表示されます。


3.normal

  「トラックされていないファイル」を表示します。
  サブフォルダー内の 「トラックされていないファイル」も個別に表示します。

  3-1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。
    
git commit --dry-run --untracked-files=all


  3-2.コマンドの実行結果

    以下のように、「トラックされていないファイル」が表示されます。

   

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション