kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

GNOME Session Managementプラグイン

  GNOME Session Managementプラグインは、ログアウトや再起動などを行うプラグインです。


  以下の操作が実行できます。

  1. 画面のロック
  2. PCのサスペンド
  3. PCの再起動
  4. PCのシャットダウン
  5. PCのハイバネート
  6. ログアウト

1.画面のロック

  画面をロックします。
  1番目のペインで「Lock Screen」を選択します。


  2番目のペインが「Run」アクションになっていることを確認して「エンター」キーを押します。

2.PCのサスペンド

  PCをサスペンドします。
  1番目のペインで「Suspend」を選択します。


  2番目のペインが「Run」アクションになっていることを確認して「エンター」キーを押します。

3.PCの再起動

  PCを再起動します。
  1番目のペインで「Restart」を選択します。


  2番目のペインが「Run」アクションになっていることを確認して「エンター」キーを押します。

4.PCのシャットダウン

  PCをシャットダウンします。
  1番目のペインで「Restart」を選択します。


  2番目のペインが「Run」アクションになっていることを確認して「エンター」キーを押します。

5.PCのハイバネート

  PCをシャットダウンします。
  1番目のペインで「Hibernate」を選択します。


  2番目のペインが「Run」アクションになっていることを確認して「エンター」キーを押します。

6.ログアウト

  ログアウトします。
  1番目のペインで「Log Out」を選択します。 


  2番目のペインが「Run」アクションになっていることを確認して「エンター」キーを押します。

操作一覧から操作を選択するには

  操作一覧から操作を選択することも可能です。

  1.アイテムの選択

    1番目のペインで「GNOME Session Commands」を選択します。


  2.アイテム一覧の表示

    アイテム一覧を表示します。


    「GNOME Session Commands」を選択してサブアイテムを表示します。

  3.操作一覧

    以下のように操作一覧が表示されます。


    行いたい操作を選択して「エンター」キーを押すと、その操作が実行されます。

GNOME Terminalプラグイン

  GNOME Terminalプラグインは、端末の起動やコマンドを実行するプラグインです。


  以下の操作が実行できます。

  1. 端末でコマンドを実行する
  2. 特定のフォルダーをカレントディレクトリーにして端末を起動する
  3. プロファイルを指定して端末を起動する

1.端末でコマンドを実行する

  端末でコマンドを実行します。

  1-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Run in Terminal」を選択します。


  1-2.コマンドの入力

    2番目のペインに実行したいコマンドを入力します。


    ここでは例として、「nautilus」と入力しました。

  1-3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押すと、コマンドが実行されます。


2.特定のフォルダーをカレントディレクトリーにして端末を起動する

  特定のフォルダーをカレントディレクトリーにして端末を起動します。

  2-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Open Terminal Here」を選択します。

  2-2.フォルダーの選択

    2番目のペインでカレントディレクトリーに設定したいフォルダーを選択します。


  2-3.端末の起動

    「エンター」キーを押すと端末が起動し、選択したフォルダーのパスがカレントディレクトリーに設定されます。


3.プロファイルを指定して端末を起動する

  プロファイルを指定して端末を起動します。


  プロファイルが指定できない(2015/12/13)

    GNOME Terminalプラグインでプロファイルの指定ができないため、この機能は利用できません。

Google Calculatorプラグイン

  Google Calculatorプラグインは、数式の計算や単位変換を行うプラグインです。


  Google Calculatorプラグインが動作しない(2015/12/13)

    現状Google Calculatorプラグインは動作しません。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション