kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Rhythmbox

  「Rhythmbox」は、音楽プレーヤーです。
  音楽ファイルを管理する機能も備えており、多機能な音楽プレーヤーです。


  また、ポッドキャストやネットラジオ局の再生など、ストリーミング再生にも対応しています。
  さらにプラグインによる機能の拡張も可能です。

  音楽ファイルの再生について

    音楽ファイルにはMP3など様々なフォーマットが存在します。
    「Rhythmbox」はバックエンドに「GStreamer」を利用しており、多くのフォーマットに対応しています。

    「Ubuntu restricted extras」をインストールすれば、「GStreamer」含め様々なコーデックがインストールされます。
    「Ubuntu restricted extras」をインストールしておきましょう。

  Ubuntuのデフォルトの音楽プレーヤー

    「Rhythmbox」は、Ubuntuのデフォルトの音楽プレーヤーです。
    「Rhythmbox」は、デフォルトでインストールされています。

Rhythmboxのインストール

   「Rhythmbox」のインストールです。
  デフォルトでインストールされているので別途インストールする必要はありませんが、一応インストール方法を紹介しておきます。

  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、 「rhythmbox」で検索します。


   「インストール」ボタンをクリックします。

RhythmboxのUI構成

   「Rhythmbox」のUI構成です。


  1.前の曲を再生

    現在再生している曲の1つ前の曲を再生します。
    「コントロール」メニューから「前へ」をクリックするか、「Ctrl + ←」キーを押して前の曲を再生することも可能です。


  2.再生・一時停止

    曲の再生と一時停止を切り替えます。
    「コントロール」メニューから「再生」をクリックするか、「Ctrl + P」キーを押して再生・一時停止することも可能です。


    特定の曲を再生したい時は、その曲をダブルクリックします。

  3.次の曲を再生

    現在再生している曲の1つ次の曲を再生します。

    「コントロール」メニューから「次へ」をクリックするか、「Ctrl + →」キーを押して次の曲を再生することも可能です。


  4.リピート

    リピートをオンにすると、すべての曲を再生し終わったら最初の曲から再生を行います。(ループ再生)

    リピートをオフにすると、すべての曲を再生し終わったらそこで再生を停止します。

    「コントロール」メニューから「リピート」をクリックするか、「Ctrl + R」キーを押してリピートを切り替えることも可能です。


  5.シャッフル

    シャッフルをオンにすると、すべての曲を一回ずつランダムに再生します。  
    シャッフルをオフにすると、上から順番に再生します。  

    「コントロール」メニューから「シャッフル」をクリックするか、「Ctrl + U」キーを押してリピートを切り替えることも可能です。


  6.アートワーク

    現在再生している曲のアートワーク(ジャケット)が表示されます。

  7.曲情報

    現在再生している曲のタイトルやアーティスト名など、曲の情報が表示されます。

  8.再生時間

    曲の再生時間が表示されます。
    ここをクリックすると、以下のフォーマットを切り替えて表示します。

  • 現在の再生時間/総再生時間
  • 残り再生時間/総再生時間

  9.再生位置

    現在再生している曲の再生位置です。
    シークバーです。

    ツマミを移動すれば、再生位置を変更することができます。

  10.ボリューム

    曲の再生ボリュームです。
    ボリュームアイコン上でマウスホイールを回転させると、ボリュームの調整ができます。

    ボリュームアイコンをクリックし、以下のようにスライダーバーでボリュームを調整することも可能です。


    「コントロール」メニューから「音量を上げる」をクリックするか、「Ctrl + ↑」キーを押してボリュームを1段階上げることも可能です。


    「コントロール」メニューから「音量を下げる」をクリックするか、「Ctrl + ↓」キーを押してボリュームを1段階下げることも可能です。


  11.ライブラリー

    「ライブラリー」には、カテゴリーが表示されます。

    これらのカテゴリーを「ライブラリーソース」と言います。
    この「ライブラリーソース」ごとに、再生したい曲などを登録していきます。

    「ライブラリーソース」にどのような曲が登録できるかは、「ライブラリーソース」の種類によります。

  12.プレイリスト

    プレイリストの一覧です。

    各プレイリストを「プレイリストソース」と言います。
    「プレイリストソース」はユーザーが自由に作成することができ、各プレイリストに曲を登録することができます。

  13.曲の一覧

    曲の一覧です。
    表示される内容は、「11.」や「12.」で選択されている項目により変わります。

  14.ステータスバー

    「13.」に表示されている曲のトータルの情報が表示されます。

ライブラリーについて

  「Rhythmbox」がデフォルトで対応している「ライブラリーソース」を紹介します。
  ここにない「ライブラリーソース」は、プラグインによって提供される「ライブラリーソース」です。

  ソースとは「Rhythmbox」から見て、曲やラジオ局など再生するアイテムの集まりを指します。

  再生キュー

    「再生キュー」は一時的なプレイリストです。
    「ミュージック」ライブラリーソースなど、「再生キュー」に対応しているライブラリーソースから曲を「再生キュー」に登録することができます。

    「再生キュー」に登録された曲は、その曲の再生が完了すると「再生キュー」から削除されます。

  ミュージック

    ボリューム(HDDなど)にある音楽ファイルを登録する「ライブラリーソース」です。
    HDDにある音楽ファイルを管理したい時は、この「ライブラリーソース」を利用します。

  Podcast

    ポッドキャストを登録する「ライブラリーソース」です。

  ラジオ

    ネットラジオ局を登録する「ライブラリーソース」です。

プレイリストについて

  デフォルトでは、以下の「プレイリストソース」が作成されます。
  不必要なら、デフォルトの「プレイリストソース」を削除できます。

  ソースとは「Rhythmbox」から見て、曲など再生するアイテムの集まりを指します。

  トップ10

    曲の評価が★4つ以上の曲が自動的に登録される「プレイリストソース」です。

  最近再生したもの

    1週間以内に再生した曲が自動的に登録される「プレイリストソース」です。

  最近追加したもの

    1週間以内に「ライブラリーソース」に追加した曲が自動的に登録される「プレイリストソース」です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション