kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Rhythmboxの設定

  「Rhythmbox」の設定は、設定画面から行います。
  設定画面を表示するには、「設定」をクリックします。


Rhythmboxの全般設定

  「全般」タブでは、ミュージックライブラリーソースや再生キューなど曲情報の表示に関する設定を行います。


  ブラウザーに表示する項目

    ミュージックライブラリーソースやプレイリストのブラウザー画面に表示する項目を選択します。


    例えば「ジャンルとアーティストとアルバム名」を選択すると、以下のように3種類の情報で曲のフィルタリングを行えるようになります。


  一覧に表示する項目

    曲一覧に表示する項目を選択します。


    以下のように表示する項目を変更できます。


Rhythmboxの再生設定

  「再生」タブでは、曲の再生に関する設定を行います。


  トラック間をクロスフェードする

    チェックをオンにすると、現在再生している曲と次に再生する曲をクロスフェードでつないで再生します。

  クロスフェードの時間(秒)

    フェードする時間を指定します。

Rhythmboxのミュージック設定

  「ミュージック」タブでは、ミュージックライブラリーソースに関する設定を行います。


  楽曲ファイルを格納する場所

    ミュージックライブラリーソースが音楽ファイルを配置するフォルダーを指定します。
    「Rhythmbox」が音楽ファイルの管理に使用するフォルダーのことです。

    例えば「音楽ライブラリの外部のファイルをコピー」する時は、ここで指定したフォルダーに音楽ファイルがコピーされます。


    音楽CDを取り込む時もここで指定したフォルダーに音楽ファイルが生成されます。


    「参照」ボタンをクリックすれば、楽曲ファイルを格納するフォルダーを変更できます。


  ライブラリを監視する

    チェックをオンにすると、楽曲ファイルを格納するフォルダーを監視します。

    例えば楽曲ファイルを格納するフォルダーに音楽ファイルを配置すると、自動的にミュージックライブラリーソースに曲が追加されます。

  フォルダーの階層

    「Rhythmbox」が音楽ファイルをフォルダーに配置する際、ここで指定した方法でフォルダーを生成し、そのフォルダー内にファイルを配置します。

    以下のメニューからフォルダーの階層を選択します。


  ファイル名

    「Rhythmbox」が音楽ファイルをフォルダーに配置する際、ここで指定した方法でファイル名を生成します。

    以下のメニューからファイル名のフォーマットを選択します。


    例

      上記の「フォルダーの階層」と「ファイル名」の設定を組み合わせた例が表示されます。
    

  フォーマット

    音楽CDを取り込む際、各トラックを音楽ファイルに変換します。
    この音楽ファイルのフォーマットを以下のメニューから選択します。


  フォーマット設定

    フォーマットのオプションを以下のメニューから選択します。


    選択できる項目は「フォーマット」により異なります。
    また固定・可変ビットレート選択時は、品質を指定するオプショっが表示されます。

Podcast

  「Podcast」タブでは、Podcastに関する設定を行います。


  ダウンロードする場所

    エピソードの音声ファイルを保存するフォルダーを指定します。
    メニューから「その他」を選択すれ、任意のフォルダーが指定可能です。


  新しいエピソードを確認する時期

    新しいエピソードを確認するタイミングを以下のメニューから選択します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション