kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

プラグインの設定を行う

  「Rhythmbox」は、プラグインによる機能の拡張が可能です。
  プラグインの設定は、プラグインの設定画面から行います。

  1.プラグインの設定画面の表示

    プラグインの設定画面を表示するには、「ツール」メニューを開き「プラグイン」をクリックします。 


  2.プラグインの設定画面

    以下のように、プラグインの設定画面が表示されます。


    チェックがオンになっているプラグインは、現在有効になっているプラグインです。
    チェックをクリックすれば、プラグインの有効・無効を切り替えることができます。

  プラグインの設定について

    プラグインによっては、プラグインの設定を行うことができます。
    プラグインの設定を行うには、そのプラグインを有効にして画面右下の「設定」ボタンをクリックします。


DAAP楽曲共有プラグイン

  DAAP楽曲共有プラグインは、DAAP(Digital Audio Access Protocol)による音楽の共有及び、DAAPで共有された音楽を再生するプラグインです。


  DAAPサーバーとしてもDAAPクライアントとしても利用できます。

  このプラグインを利用にすると、曲を他のPCに公開することができます。
  またDAAPで共有された音楽ファイルを「Rhythmbox」から再生できるようになります。
  さらにDACPクライアントから「Rhythmbox」を操作することもできます。

  まとめると、このプラグインでは以下の機能が利用できます。

  • DAAPサーバー
  • DAAPクライアント
  • DACPサーバー

DAAP楽曲共有プラグインの設定

  DAAP楽曲共有プラグインの設定です。  


  ライブラリ名

    曲を公開した時に、ここで指定された名称が共有名として使用されます。

  Touch Remoteを検索する

    チェックをオンにすると、「Rhythmbox」を操作するDACP(Digital Audio Control Protocol)クライアントを検索します。

    DACPクライアントとペアリングを行うと、DACPクライアントから「Rhythmbox」を操作できるようになります。

  既存のRemoteを忘れる

    ペアリングしたDACPクライアントを解除します。  

  お気に入りの楽曲を共有する

    チェックをオンにすると、曲を公開し他のPCと音楽ファイルを共有します。

    注意

      「Rhythmbox」による公開は、「Rhythmbox」が起動している間のみ有効です。
      「Rhythmbox」を終了すると、共有が解除されます。

  パスワードを要求する

    チェックをオンにすると、クライアントが「Rhythmbox」で共有している曲にアクセスしようとした際、パスワードを要求します。

    右側のテキストボックスにパスワードを入力します。

  設定が反映されない時は

    プラグインの設定が反映されない時は、このプラグインを一旦無効にし再度有効にするか、「Rhythmbox」を再起動してください。

共有された曲のローカルソースへの追加について

  共有された曲は、ローカルソースに追加することができます。
  ローカルソースとは、以下のソースのことです。

  • 再生キュー
  • ミュージック
  • プレイリスト

  これらのローカルソースに共有された曲を追加した場合、追加先のローカルソースによって曲の扱いが変わります。

  再生キュー/プレイリスト

    再生キューやプレイリストに共有された曲を追加した後、追加した曲を再生すると、サーバーから直接曲を取得し再生を行います。
  

  ミュージック

    ミュージックに共有された曲を追加すると、サーバーから曲をダウンロードしてローカルHDDに音楽ファイルを保存します。(音楽ファイルのコピー)


    ミュージックに追加した曲を再生すると、ローカルHDDに保存した曲を再生します。

  ローカルソースに曲を追加するには

    ローカルソースに曲を追加する方法は、以下の操作方法を参考にしてください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション