kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

再生キュー

  「再生キュー」は一時的なプレイリストです。


  「ミュージック」ライブラリーソースなど、「再生キュー」に対応しているライブラリーソースから曲を「再生キュー」に登録することができます。

  「再生キュー」に登録された曲は、その曲の再生が完了すると「再生キュー」から削除されます。

再生キューのUI構成

  「再生キュー」のUI構成です。


  1.編集

    選択した曲を編集するメニューを表示します。

  2.シャッフル

    曲の順番をランダムに並び替えます。

  3.クリア

    曲を一覧から全て削除します。

  4.プレイリスト

    プレイリストを操作するメニューを表示します。

  5.検索

    曲を検索します。

  6.再生順

    曲の再生順です。

  7.曲の再生状態

    曲が再生中なら「▶」が表示され、一時停止中ならポーズマークが表示されます。

  8.タイトル

    曲のタイトルが表示されます。
    曲のタイトルは音楽ファイルのタグデータから取得します。

  9.アーティスト

    曲のアーティストが表示されます。
    曲のアーティストは音楽ファイルのタグデータから取得します。

  10.アルバム名

    曲のアルバム名が表示されます。
    曲のアルバム名は音楽ファイルのタグデータから取得します。

  列幅の調整について

    各列の区切りをドラッグ&ドロップすると、列幅を調整できます。

ミュージックライブラリーソースから再生キューに曲を追加する

  「ミュージックライブラリーソース」から「再生キュー」に曲を追加します。
  「再生キュー」に曲を追加する方法はいくつかあり、ここでは以下の方法を紹介します。

  1. メニューから再生キューに曲を追加する
  2. ドラッグ&ドロップで再生キューに曲を追加する 
  3. コピー&ペーストで再生キューに曲を追加する 
  4. Nautilusから再生キューに曲を追加する

  同じ曲を重複して「再生キュー」に追加することはできません。
  すでに「再生キュー」に同じ曲が存在していた場合、その曲の追加は無視されます。

1.メニューから再生キューに曲を追加する

  メニューから再生キューに曲を追加します。

  1-1.曲の選択

     「ミュージックライブラリーソース」で「再生キュー」に追加したい曲を選択します。


    「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながら選択すると、複数の曲を選択できます。
    「Ctrl + A」キーを押せば、一覧にある曲をすべて選択できます。

  1-2.再生キューに追加

    「編集」ボタンをクリックして表示されるメニューから、「再生キューに追加する」をクリックします。


    選択した曲を右クリックして表示されるメニューから、「キューに追加する」をクリックしても良いです。


  1-3.追加完了

    以下のように、選択した曲が「再生キュー」に追加されます。


2.ドラッグ&ドロップで再生キューに曲を追加する

  ドラッグ&ドロップで再生キューに曲を追加します。

  2-1.曲の選択

     「ミュージックライブラリーソース」で「再生キュー」に追加したい曲を選択します。


    「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながら選択すると、複数の曲を選択できます。
    「Ctrl + A」キーを押せば、一覧にある曲をすべて選択できます。

  2-2.再生キューに追加

    選択した曲を「再生キュー」にドラッグ&ドロップします。


  2-3.追加完了

    以下のように、選択した曲が「再生キュー」に追加されます。


3.コピー&ペーストで再生キューに曲を追加する

  コピー&ペーストで再生キューに曲を追加します。

  3-1.曲の選択

     「ミュージックライブラリーソース」で「再生キュー」に追加したい曲を選択します。


    「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながら選択すると、複数の曲を選択できます。
    「Ctrl + A」キーを押せば、一覧にある曲をすべて選択できます。

  3-2.曲のコピー

    「編集」ボタンをクリックして表示されるメニューから、「コピー」をクリックします。    


    もしくは、選択した曲を右クリックして表示されるメニューから、「コピー」をクリックするか「Ctrl + C」キーを押します。


  3-3.曲の貼り付け

    「再生キュー」で「編集」ボタンをクリックして表示されるメニューから、「貼り付け」をクリックするか、「Ctrl + V」キーを押します。 


  3-4.追加完了

    以下のように、コピーした曲が「再生キュー」に追加されます。


4.Nautilusから再生キューに曲を追加する

  「Nautilus」から「再生キュー」に曲を追加します。
  「Nautilus」から「再生キュー」に曲を追加すると、「ミュージックライブラリーソース」にもその曲が追加されます。

  4-1.曲の選択

     「Nautilus」で「再生キュー」に追加したい音楽ファイルを選択し、音楽ファイルを「再生キュー」の曲一覧にドラッグ&ドロップします。


  4-2.追加完了

    以下のように、ドラッグ&ドロップした曲が「再生キュー」に追加されます。


  4-3.ミュージックライブラリーソース

    「ミュージックライブラリーソース」にもドラッグ&ドロップした曲が追加されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション