kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

高度な設定を行う

  「高度設定」タブでは、「Easystroke」の高度な設定を行います。


動作

  「Easystroke」の動作に関する設定を行います。

  Only enable easystroke for application listed on 'Actions' tab

    チェックをオンにすると、アプリケーションに登録したジェスチャーのみ実行対象にします。


    言い換えると、「デフォルト」グループで登録したジェスチャーを実行しません。
    チェックをオフにすると、すべてのジェスチャーを実行対象にします。

  タイムアウトジェスチャ

    チェックをオンにすると、タイムアウトを利用したジェスチャーの作成を有効にします。
    タイムアウトジェスチャーでジェスチャーを描いた後、マウスカーソルの移動を止めてから一定時間経過するとジェスチャーがタイムアウトします。
    このタイムアウトを利用したジェスチャーを作成できます。

    タイムアウトを利用したストロークには、以下のように「×」マークが表示されます。


    タイムアウトを利用したジェスチャーの設定方法

      ストローク記録時にジェスチャーを描いた後、マウスカーソルの移動を止めてタイムアウトするまで待ちます。

  高度ジェスチャ時にポップアップを表示

    チェックをオンにすると、「インスタントジェスチャー」や「クリック&ホールド」、タイムアウトを利用したジェスチャーのアクションを実行する時に、アクションの情報を表示します。
    チェックをオフにすると、アクションの情報を表示しません。

  OSDを表示

    OSDとは、修飾キーの情報や現在の動作状況を表示する通知のことです。


    チェックをオンにすると、状況に応じてOSDを表示します。
    チェックをオンにすると、OSDを表示しません。

  スクロール方向を反転

    チェックをオンにすると、スクロールアクション実行時にスクロール方向を以下のようにします。

マウスの移動方向 スクロール方向

    チェックをオフにすると、スクロールアクション実行時にスクロール方向を以下のようにします。

マウスの移動方向 スクロール方向

  スクロール速度

    スクロールの速さを指定します。
    数値を大きくするほど、スクロールの速度が早くなります。
    すなわち、少ないマウスの移動量で多くスクロールするようになります。

  ジェスチャー毎後にカーソルを元の位置に戻す

    チェックをオンにすると、ジェスチャーを描いた後、マウスカーソルの位置をジェスチャーを描き始めた始点に戻します。

デバイス

  「Easystroke」で使用するマウス等の入力デバイスの設定です。

  有効

    チェックがオンになっている入力デバイスが「Easystroke」で利用できるデバイスです。
    「Easystroke」で使用したくない入力デバイスは、チェックをオフにしてください。

  デバイス

    入力デバイスの名称です。

  タイムアウトのプロファイル

    デバイスごとに異なるタイムアウトのプロファイルを指定できます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション