kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Hide Rhythmbox on startプラグイン

  Hide Rhythmbox on startプラグインは、「Rhythmbox」起動時に「Rhythmbox」を最小化もしくは非表示にするプラグインです。

  ログイン時に「Rhythmbox」を自動起動しており、初回起動時に「Rhythmbox」のウィンドウを非表示にしたい時は、このプラグインを利用すると良いでしょう。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:fossfreedom/rhythmbox-plugins

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「rhythmbox-plugin-fullscreen」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  3.プラグインの有効化

    「Rhythmbox」を再起動して「プラグインの設定」画面を開くと「Hide rhythmbox on start」プラグインが追加されているので、「Hide rhythmbox on start」プラグインにチェックを入れます。


Hide rhythmbox on startプラグインの設定

  Hide rhythmbox on startプラグインを使用する前に、Hide rhythmbox on startプラグインの設定を行うと良いでしょう。

  Hide rhythmbox on startプラグインを選択し右下の「設定」ボタンをクリックすると、以下のように設定画面が表示されます。


  Hide on Startup

    チェックをオンにすると、「Rhythmbox」起動時、「Rhythmbox」のウィンドウを非表示にします。
    「Rhythmbox」のウィンドウを表示するには、ランチャーから「Rhythmbox」を起動するなどどの方法でも良いので「Rhythmbox」を起動すれば「Rhythmbox」のウィンドウが表示されます。

    チェックをオフにすると、「Rhythmbox」起動時、「Rhythmbox」のウィンドウを最小化します。
    他のアプリでウィンドウを最小化するのと同じです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション