kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

星の情報に使用する文化を設定する

  文化によって、星に関する情報が変化します。
  「空と表示の設定」で「星の文化」タブをクリックすると、星の情報に使用する文化を設定することができます。


星の文化のUI構成

  星の文化のUI構成です。


  1.星の文化一覧

    星の文化一覧です。
    選択されている星の文化が現在使用されている星の文化になります。

  2.地表の詳細

    「1.」で選択している星の文化の詳細情報です。

  3.オプション

    星の文化全体に対する設定です。
    

星の文化を変更するには

  星の文化を変更する方法です。

  1.星の文化の選択

    現在の星の文化を変更するには、星の文化一覧から星の文化を選択します。


  2.星の文化の変更完了

    以下のように、選択された星の文化が反映されます。


オプション

  星の文化のオプションです。
  星の文化のオプションは、星の文化全体に対する設定です。
  星の文化を個別に設定する項目はありません。

  この星の文化をデフォルトに設定

    現在星の文化一覧で選択されている星の文化を、デフォルトの星の文化にします。
    「Stellarium」起動時、デフォルトの星の文化を使用します。

  Use native names for planets from current culture

    チェックをオンにすると、惑星名に星の文化に定義されている惑星名を使用します。
    チェックをオフにすると、惑星名に星の文化に定義されている惑星名を使用しません。

  Show names

    天体の名称に使用する名称の種類を選択します。

項目 概要
Abbreviated 省略名を使用します。
Native 翻訳されていない名称を使用します。
Translated 翻訳された名称(Sky Culture Language)を使用します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション