kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

地表の設定を行う

  「空と表示の設定」で「背景」のタブをクリックすると、地表の設定を行うことができます。


背景のUI構成

  背景のUI構成です。


  1.地表一覧

    インストールされている地表の一覧です。
    選択されている地表が現在表示されている地表になります。

  2.地表の詳細

    「1.」で選択している地表の詳細情報です。
    地表名や地表の説明に加え、以下の情報が表示されます。

項目 概要
作者 地表データの作者です。
場所 地表の経緯度及び高度です。
Celestial body 地表の天体です。

  3.オプション

    地表全体に対する設定です。

  4.地表のインストールと削除

    地表のインストールと削除を行う画面を表示します。

地表を変更するには

  地表を変更する方法です。

  1.地表の選択

    現在の地表を変更するには、地表一覧から地表を選択します。


  2.地表の変更完了

    以下のように、選択された地表が反映されます。


オプション

  地表のオプションです。
  地表のオプションは、地表全体に対する設定です。
  地表を個別に設定する項目はありません。

  地表を表示

    チェックをオンにすると、地表を表示します。
    チェックをオフにすると、地表を表示しません。

  霧を表示

    チェックをオンにすると、地平線に霞をかけます。
    チェックをオフにすると、地平線に霞をかけません。

  関連する惑星と位置を使う

    チェックをオンにして地表を変更すると、その地表に設定されている位置と高度及び惑星に現在地を設定します。

  この場所をデフォルトに設定

    現在地表一覧で選択されている地表を、デフォルトの地表にします。
    「Stellarium」起動時、デフォルトの地表を使用します。

  Minimal brightness

    地表は夜になると、空の明るさに合わせて暗くなります。

    チェックをオンにすると、地表の最低の明るさを指定できます。
    ここで指定した明るさよりも暗くなることはありません。
    数値を小さくすればするほど、暗くなります。

  from landscape, if given

    チェックをオンにすると、地表側に最低の明るさが定義されていた場合、その値を最低の明るさに使用します。

  Show illumination layer

    チェックをオンにすると、地表の照明データを利用して建物の窓などに明かりをつけます。


地表をインストールするには

  ウェブで公開されている「Stellarium」の地表をダウンロードしてインストールするには、以下の手順で行います。

  1.背景の追加/削除画面の表示

    「背景の追加/削除」ボタンをクリックして、背景の追加/削除画面を表示します。


  2.オプションの設定

    地表インストール後にその地表に自動的に切り替えたい時は、「インストール後に新しい背景に切り替える」チェックをオンにします。


  3.ファイル選択画面の表示

    「ZIPアーカイブから新しい閉経をインストール」ボタンをクリックします。


  4.地表ファイルの選択

    以下の画面が表示されるので、地表ファイルを選択して「Open」ボタンをクリックします。


  5.インストール完了

    地表のインストールが行われ、問題がなければ以下の画面が表示されます。


    右下の閉じるボタンをクリックして完了です。

  6.地表一覧の確認

    以下のように、インストールした地表が地表一覧に追加されています。


  7.地表の切り替え

    インストールした地表を地表一覧から選択すると、以下のようにインストールした地表に切り替わります。


地表を削除する

  上記の方法でインストールした地表を削除します。

  1.地表の選択

    削除したい地表を選択します。


  2.地表の削除

    「削除」ボタンをクリックします。


  3.削除完了

    地表の削除が完了すると、以下の画面が表示されます。


    右下の閉じるボタンをクリックして完了です。

  4.インストールした地表一覧

    インストールした地表一覧を見ると、以下のように選択した地表が削除されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション