kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

最終βで見るUbuntu 16.04の新機能と変更点

  以前お知らせした通り、Ubuntu 16.04 最終βがリリースされました。


  最終βからUbuntu 16.04の新機能と変更点を見てみます。
  今回は変更点が非常に多いため、前編と後編に分けています。

  Linux kernel 4.4採用

    Ubuntu 16.04では、Linux kernel 4.4が採用されています。


    Ubuntu 15.10のLinux kernelはLinux kernel 4.2だったので、2つ上のメジャーバージョンということになります。
    新しいハードウェアのサポートやサポートの改善が行われています。
    Linux kernelの主な変更点は、以下を参考にしてください。


  Python 3.5採用

    Python 3.5.1+が採用されています。


    「python」はPython 2.7.11+になっています。


    「python」は「python2.7」へのシンボリックリンクになっていて、デフォルトでインストールされています。


  GNOME 3.18採用

    多くのソフトウェアは、GNOME 3.18で提供されるソフトウェアにアップグレードされています。
    GLibはGNOME 3.20で提供されるGLib 2.48にアップグレードされています。

  WebKit2へ移行

    デフォルトでインストールされるWebKitを使用したアプリ及びライブラリーは、すべてWebKit2へ移行しました。

  ログイン画面やロック画面の高DPIサポートの改善

    ログイン画面やロック画面の高DPIサポートが改善されています。


GNOME Softwareの追加とUbuntuソフトウェアセンターの廃止

  以前紹介した通り「Ubuntuソフトウェアセンター」が廃止され、代わりに「GNOME Software(gnome-software)」がデフォルトでインストールされるようになりました。


    「Ubuntuソフトウェアセンター」を利用してアプリをインストールしていたユーザーは、「GNOME Software」からアプリをインストールすることになります。

  アプリの検索画面

    アプリの検索画面です。


  アプリのインストール画面

    アプリのインストール画面です。
    アプリの大きいサムネイルが表示されています。


  アプリの詳細情報

    アプリのインストール画面下部には、アプリの詳細情報が表示されます。


    レビューもありますよ。


  アプリのアップデート画面

    「更新」ボタンをクリックすると、アプリを個別にアップデートできます。


    アプリを個別にアップデートするよりは、アップデート漏れを防ぐため今までどおり「ソフトウェアの更新」から一括アップデートしたほうが良いでしょう。

GNOME Calendarの追加

  「GNOME Calendar(gnome-calendar)」がデフォルトでインストールされるようになりました。
  予定の管理に利用できるシンプルなカレンダーアプリです。


EmpathyとBraseroがインストールされなくなった

  以前紹介した通り、「Empathy」と「Brasero」がデフォルトでインストールされなくなりました。
  これらのソフトウェアが必要なら、ユーザーは自分でインストールすることができます。

  Empathy

    「Empathy」は、チャットなどで使用するインスタントメッセンジャーアプリです。


  Brasero

    「Brasero」はCD/DVD(/BD)メディアを作成するアプリです。


Dashのオンライン検索がデフォルトでオフになった

  Dashのオンライン検索がデフォルトでオフになりました。


  Dashを開いてキーワードを入力しても、オンライン検索(インターネット検索)が行われなくなります。


    ユーザーがオンライン検索をオンにすれば、以下のようにオンライン検索が可能になります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション