kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

UEFIのPCにLubuntu 16.04をインストールする(パーティションの作成 〜 ブートローダーの設定)

UEFIで起動するPCに「Lubuntu 16.04」をインストールします。

UEFIのPCにLubuntu 16.04をインストールする(ライブメディアから起動 〜 インストールの種類の選択)」の続きです。

ここではインストール作業の中で山場となるパーティションの作成を行います。

必要なパーティションについて

UEFI環境において最低限必要となるパーティションは以下のとおりです。

  1. LubuntuのOSローダーをインストールするEFIシステムパーティション
  2. Lubuntuをインストールするルートパーティション
  3. Lubuntuのスワップパーティション

それぞれのパーティションにどれくらいのサイズを割り当てるのか、事前に計算しておくとよいでしょう。
スワップは、Windowsのスワップと同じ感覚でサイズを決定するとよいでしょう。

「1.」のパーティションは作成済みなので、ここでは「2.」と「3.」のパーティションを作成します。

デバイスファイルについて

LubuntuをインストールするHDDは、デバイスファイルで識別されます。
デバイスファイルについては、以下を参考にしてください。


ここでは例として、「/dev/sda」にLubuntuをインストールします。

パーティションについて

Lubuntuをインストールするパーティションについては、以下を参考にしてください。


8.ルートパーティションの作成

Lubuntuのインストール先となるルートパーティションを作成します。

8-1.ルートパーティションの作成

以下のように「空き領域」を選択し、「+」ボタンをクリックします。


8-2.ルートパーティションの設定

以下の画面が表示されるので、作成するルートパーティションの設定を行います。
ここでは2GBをスワップパーティションに割り当て、残りの全てをルートパーティションに割り当てます。


サイズ

作成するパーティションのサイズをMBで指定します。

新しいパーティションのタイプ

GPT形式なので、「基本パーティション」を選択します。

新しいパーティションの場所

パーテションの確保位置を選択します。
通常は「この領域の始点」を選択します。

利用方法

パーティションのファイルシステムをメニューから選択します。
「ext4 ジャーナリングファイルシステム」を選択します。

マウントポイント

パーティションのマウントポイントをメニューから選択します。
ルートパーティションなので「/」を選択します。

設定したら「OK」ボタンをクリックします。

8-3.ルートパーティション作成完了

以下のようにルートパーティション(/dev/sda2)が作成されます。


9.スワップパーティションの作成

最後にスワップパーティションを作成します。

9-1.ルートパーティションの作成

以下のように「空き領域」を選択し、「+」ボタンをクリックします。


9-2.スワップパーティションの設定

以下の画面が表示されるので、作成するスワップパーティションの設定を行います。
ここでは2GBをスワップパーティションに割り当てます。


利用方法

「スワップ領域」を選択してください。

上記以外の項目

「8-2.ルートパーティションの設定」を参考にしてください。
  
設定したら「OK」ボタンをクリックします。

9-3.スワップパーティション作成完了

以下のようにスワップパーティション(/dev/sda3)が作成されます。


10.ブートローダーの設定とインストール確認

最後にブートローダーをインストールするHDDを選択します。
ここで選択したHDDが起動ディスクになります。

10-1.ブートローダーをインストールするHDDの選択

ここで選択したHDDの「EFIシステムパーティション」にOSローダー(ブートローダー)がインストールされます。


以上でパーティションやブートローダーの設定は完了です。
「インストール」ボタンをクリックします。

10-2.パーティションの確認

以下のように、作成するパーティションの一覧画面が表示されます。


「続ける」ボタンをクリックします。

UEFIのPCにLubuntu 16.04をインストールする(タイムゾーンの設定 〜 Lubuntuの起動)」に続きます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション