kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

衛星プラグイン

  衛星プラグインは、人工衛星を表示するプラグインです。


  プラグインの有効化

    プラグインを有効にするには、「プラグイン」タブから「衛星」を選択し、プラグインを有効化します。


衛星プラグインの設定

  衛星プラグインを利用する前に、プラグインの設定を行っておくとよいでしょう。


Updates

  人工衛星カタログのダウンロードと更新に関する設定です。
  人工衛星カタログとは、人工衛星の情報が定義されたファイルのことです。

  Update satellite data from Internet sources

    チェックをオンにすると、人工衛星カタログをインターネットからダウンロードします。
    また自動アップデートを有効にします。

    チェックをオフにすると、人工衛星カタログをファイルからアップデートします。
    アップデートは手動アップデートになります。

  On update, add all new satellites from the selected source(s)

    アップデート実行時、人工衛星カタログに新規に追加されたすべての人工衛星を人工衛星リストに追加します。
    人工衛星リストとは、「Stellarium」が表示する人工衛星の一覧のことです。

  On update, remove the new satellites that are no longer listed in the update sources

    アップデート実行時、人工衛星カタログに存在しない人工衛星を人工衛星リストから削除します。

  Last update

    最後に人工衛星カタログをアップデートした時間が表示されます。

  Update frequency

    自動アップデートする間隔を時間で指定します。

  Upadte now 

    人工衛星カタログをアップデートします。
    人工衛星カタログをファイルからアップデートする場合、以下のファイル選択画面が表示されます。


    2行軌道要素形式(TLE)ファイルを選択して「Open」ボタンをクリックします。

ラベル

  人工衛星名の表示に関する設定です。
  チェックをオンにすると、人工衛星名を表示します。


  Label font size

    人工衛星名のフォントサイズを指定します。

Orbit lines

  人工衛星の軌道の表示に関する設定です。
  チェックをオンにすると、人工衛星の軌道を表示します。


  軌道が表示される人工衛星は、軌道の表示を有効にしている人工衛星だけです。

  Number of segments

    描く軌道の長さに影響する設定です。
    セグメント数を増やすほど、描く軌道の長さが長くなります。

  Segment length

    描く軌道の長さに影響する設定です。
    1セグメントの長さを秒で指定します。

    秒数を増やすほど、描く軌道の長さが長くなります。

    例えば「Number of segments」に「90」を指定し、「Segment length」に「20」を指定した場合、 「90*20=1800」となり、1800秒分の軌道が描かれることになります。

  Fade length

    軌道の両端は、徐々にフェードするように描かれます。
    フェードで描画する長さをセグメント数で指定します。

  Realistic mode for the artificial satellites

    チェックをオンにすると、人工衛星を実視点で描画します。


    チェックをオフにすると、人工衛星を人工衛星のアイコンで表示し、見えない人工衛星も描画します。


設定ボタン

  設定の保存やリセットを行うボタンです。

  Restore defualt settings

    設定内容をデフォルトに戻します。
   

  Save settings as default

    設定内容を保存します。

人工衛星を表示する

  人工衛星を表示します。

  1.人工衛星の表示

    メインツールバーの「衛星のヒント」をクリックします。


  2.人工衛星

    以下のように、人工衛星が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション