kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

太陽系外惑星プラグイン

  太陽系外惑星プラグインは、太陽系外惑星を表示するプラグインです。


  プラグインの有効化

    プラグインを有効にするには、「プラグイン」タブから「太陽系外惑星」を選択し、プラグインを有効化します。


太陽系外惑星プラグインの設定

  太陽系外惑星プラグインを利用する前に、プラグインの設定を行っておくとよいでしょう。


  Update from Internet sources

    チェックをオンにすると、インターネットから太陽系外惑星カタログをダウンロードします。
    また、自動アップデートを有効にします。

  Last update

    最後にパルサーカタログを更新した時間が表示されます。

  Update frequency

    自動アップデートする間隔を時間で指定します。

  Next update

    次にアップデートする日までの残り時間が表示されます。

  Update now

    今すぐ太陽系外惑星カタログを更新します。

  Enable display of distribution for exoplanets

    チェックをオンにすると、すべての太陽系外惑星を表示します。
    ただし太陽系外惑星名は表示されなくなります。


    チェックをオフにすると、現在のFOVから表示する太陽系外惑星をフィルタリングします。
    また太陽系外惑星名が表示されます。

  Enable timeline discovery of exoplanets

    チェックをオンにすると、現在の時刻までに発見された太陽系外惑星のみ表示します。

  Enable display of the potential habitable exoplanets only

    チェックをオンにすると、生命が発生・存在し得る太陽系外惑星のみ表示します。

  Enable displayat startup

    チェックをオンにすると、「Stellarium」起動時に太陽系外惑星の表示を有効にします。

  Show exoplanets button on toolbar

    チェックをオンにすると、メインツールバーに太陽系外惑星の表示・非表示を切り替えるボタンを表示します。

  Restore defualt settings

    設定内容をデフォルトに戻します。
   

  Save settings as default

    設定内容を保存します。
 

太陽系外惑星プラグインの使い方

  太陽系外惑星プラグインの使い方です。

  1.太陽系外惑星の表示

    メインツールバーの「太陽系外惑星を表示」をクリックします。


  2.太陽系外惑星

    以下のように、太陽系外惑星が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション