kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

最新版のUNetbootinをインストールするには

  「UNetbootin」は、ライブUSBを作成するアプリです。
  「UNetbootin」の最新版がPPAで提供されており、PPAから「UNetbootin」の最新版をインストールすることができます。

  ライブUSBを「UNetbootin」で作成する時は、最新版にアップデートしてから作成すると良いでしょう。

  Ubuntu 16.04向けの提供はこれから

    2016/4/23現在、PPAでは「Ubuntu 16.04」向けの「UNetbootin」が提供されていません。
    そのうち「Ubuntu 16.04」向けも提供されるようになるでしょう。
    それまで「Ubuntu 16.04」では、公式のリポジトリーから「UNetbootin」をインストールしてください。  

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
  • ppa:gezakovacs/ppa

  2-1.すでにUNetbootinをインストールしている場合

    すでに「UNetbootin」をインストールしている場合、「ソフトウェアの更新」を起動しアップデートを行います。


    「今すぐインストールする」ボタンをクリックして完了です。

  2-2.UNetbootinをインストールしていない場合

    Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、「unetbootin」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックして完了です。

  3.UNetbootinの起動

    「UNetbootin」を起動するにはDashホームを開き、以下のように検索します。


  4.パスワードの入力

    「UNetbootin」はrootで動作する必要があるため、以下のパスワー度入力画面が表示されます。


    現在ログインしている管理者ユーザーのパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。

  5.起動完了

    以下のように「UNetbootin」が起動します。


UbuntuのライブUSBメモリーを作成する

  UbuntuのライブUSBメモリーを作成する方法です。
  BIOSでもUEFIでもどちらでもUbuntuを起動できます。

  注意

    「Ubuntu 15.10」の環境でライブUSBメモリーを作成した場合、BIOSで起動するPCではUbuntuが起動しません。
    PC起動時に以下のエラーが発生します。

SYSLINUX 6.03 EDD 20150813 Copyright (C) 1994-2012 H. Peter Anvin et al
Boot Error


    この問題の対処法は以下を参考にしてください。


  UNetbootinでライブUSBメモリーを作成するメリット

    「UNetbootin」を利用するメリットは、大容量のUSBメモリーを有効利用できる点です。
    ライブUSBメモリーのデータを配置するパーティション以外のパーティションはフォーマットする必要がなく、そのまま利用できます。

    ここでは例としてパーティションを作成し、ライブUSBメモリーを作成します。

  1.Ubuntuのディスクイメージの用意

    Ubuntuのディスクイメージをダウンロードしておきます。
    ここでは例として、「Ubuntu 16.04 64bit版」のディスクイメージをダウンロードしました。


  2.USBメモリーの用意

    容量が2GiB以上のUSBメモリーを用意します。

    USB 2.0以降のUSBに対応したUSBメモリーを用意しましょう。
    もしPCがUSB 3.0に対応しており、かつUSB 3.0からの起動に対応しているなら、USB 3.0に対応したUSBメモリーがおすすめです。

    データの転送速度が速いため、ライブUSBメモリーの作成にかかる時間や、Ubuntuの起動及びインストールにかかる時間が短縮できます。
   

    CDからの起動にしか対応していないPCでは

      CDからの起動にしか対応していないPCでライブUSBメモリーからUbuntuを起動するには、「Plop Boot Manager」を利用してみると良いでしょう。
      「Plop Boot Manager」は、PCをCDから起動し、ライブUSBメモリーからOSを起動するソフトウェアです。

  3.USBメモリーのデバイスファイルの確認

    USBメモリーのデバイスファイルを確認します。
    「ディスク」を起動してください。


    左側のデバイス一覧から、ライブUSBメモリーを作成するUSBデバイスを選択します。
    右側の「デバイス」に表示される内容から最後の数値を除いたものが、USBメモリーのデバイスファイルになります。
    上記の場合、「/dev/sdb1」と表示されているので、USBメモリーのデバイスファイルは「/dev/sdb」になります。

  4.USBメモリーのフォーマット

    USBメモリーをフォーマットします。
    USBメモリーをフォーマットは、「GParted」を利用すると良いでしょう。
    ここでは例として「/dev/sdb1」にライブUSBメモリーのデータを配置します。


    ファイルシステムは「FAT32」でフォーマットしてください。
    フォーマットの方法は、以下を参考にしてください。


    もしパーティションテーブルを作成する場合は、「MBR形式」で作成してください。
    もしパーティションを作成する場合は、作成するパーティションのサイズを、2GiB程度確保しておくと良いでしょう。
    それぞれの方法は、以下を参考にしてください。


    ちなみに余った空き容量は、適当にパーティション及びファイルシステムを作成し、データ保存用等に利用してください。

  5.パーティションのデバイスファイルの確認

    ファイルシステムをフォーマットしたら、パーティションのデバイスファイルを覚えておきます。
    上記の場合、「パーティション」列に表示されている「/dev/sdb1」がパーティションのデバイスファイルになります。

    「ディスク」から確認する場合、該当するボリュームを選択すると「デバイス」に表示されます。


  6.パーティションフラグの設定

    ライブUSBメモリーのデータを配置するパーティションのフラグに「boot」を設定します。
    今回の例では、「/dev/sdb1」パーティションにフラグを設定します。


    フラグの変更方法は、以下を参考にしてください。


  7.ファイルシステムのラベル設定(任意)

    ファイルシステムに分かりやすいラベルを付けておくと、後で判別しやすくなります。
    今回は例として、ラベルに「Live1604」を設定しています。


    ラベルの変更方法は、以下を参考にしてください。


  8.ボリュームのマウント

    ライブUSBメモリーのデータを配置するボリューム(パーティション/ファイルシステム)を「Nautilus」でマウントしておきます。


  9.UNetbootinの起動とオプションの選択

    「UNetbootin」を起動し、「ディスクイメージ」を選択します。


    赤枠内右側の設定は、「ISO」を選択してください。

  10.ディスクイメージの選択

    右側の「...」ボタンをクリックしてディスクイメージを選択します。


    以下の画面が表示されるので、左側の「Computer」をクリックし、右側のファイル一覧から「/」をクリックします。


    以下のように「/」以下のフォルダーやファイル群が表示されるので、ディスクイメージのあるフォルダーまで辿ります。


    以下のようにディスクイメージを選択し「Open」ボタンをクリックします。


  11.USBメモリーの選択

    「タイプ」で「USBドライブ」を選択し、「ドライブ」でUSBメモリーのパーティションのデバイスファイルを選択します。


    パーティションのデバイスファイルは「4.」で確認したデバイスファイルを選択します。
    今回の例では、デバイスファイルは「/dev/sdb1」になります。

  12.ライブUSBメモリーの作成開始

    「OK」ボタンをクリックします。


    以下のようにライブUSBメモリーの作成が開始されます。


    作成が終わるまでそっとしておきましょう。
    処理が止まっているように見えても、実際には動作しています。
    エラー画面が表示されない限り問題ありません。

    Ubuntu 16.04のディスクイメージのサイズは約1.38GiBあるので、約1.38GiB分のデータのコピーが行われます。
    しかもファイルサイズが小さいファイルがたくさんあり、USBメモリーの特性上ファイルサイズが小さいファイルのコピーは時間がかかります。

  13.作成完了

    問題なく作成が完了した場合、以下の画面が表示されます。


    「終了」ボタンをクリックして完了です。

  次回以降ライブUSBメモリーを作成する場合は

    次回以降ライブUSBメモリーを作成する場合は、以下の手順でOKです。

  1. 「4.」でファイルシステムをフォーマット(推奨)
  2. 「7.」でファイルシステムのラベルを設定(任意)
  3. 「8.」以降の作業を行う

    「4.」でファイルシステムをフォーマットしなかった場合、「12.」でファイルの上書き確認画面が表示されます。


    「Yes to All」ボタンをクリックしてください。


関連記事一覧
オプション