kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Lubuntuのインストーラーのウィンドウが画面からはみ出す時は

「Lubuntu」のインストールを行う際、「インストールの種類」で「それ以外」を選択すると、自分でパーティションを作成して「Lubuntu」をインストールすることができます。


インストーラーのウィンドウがはみ出す

画面の解像度が低い環境では、以下のようにパーティションの作成画面が画面からはみ出してしまい、「ブートローダーをインストールするデバイス」の選択や、「インストール」ボタンがクリックできません。


上記の画面の解像度は、「XGA(1024 x 768)」です。
この状況になったら、以下の方法でインストーラーのウィンドウを移動してください。

回避策

  1. 「Alt」キーを押しながらインストーラーのウィンドウをつかむ
  2. ウィンドウが移動できるようになるので、「Alt」キーを押したまま上に向かってドラッグ&ドロップする

以下のように、「インストール」等のボタンが操作できるようになります。


インストーラーのウィンドウをつかむ位置は、インストーラーのウィンドウ上であればどこでも良いです。
「Alt」キーを押したまま操作してください。

補足

「Alt」キーによるウィンドウの移動は、「Ubuntu」でも利用できます。


日本語固有の現象

インストーラーのウィンドウが異様に大きくなる現象は、日本語固有の現象です。
例えば英語では、以下のようにインストーラーのウィンドウが「XGA」に収まります。


VirtualBoxにLubuntuをインストールする場合は

「VirtualBox」に「Lubuntu」をインストールする場合は、仮想マシンのメニューの「入力」メニューを開き、「マウス統合」がオフになっている状態にしてから、ウィンドウのドラッグ操作を行ってください。


後で再度「マウス統合」をオンにしておくと良いでしょう。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション