kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

リカバリーモードで日本語のキーボードを使用するには

「リカバリーモード」では、デフォルトのキーマップが日本語のキーマップになっていないため、「|」や「=」の入力にひと手間かかります。


ここでは「リカバリーモード」でキーマップを日本語に設定する方法を紹介します。

一時的な変更

ここで紹介するキーマップを日本語に設定する方法は、一時的にキーマップを変更する方法です。
PCを再起動すれば元の設定に戻ります。

「リカバリーモード」は頻繁に使用する機能ではないため、一時的な変更で十分でしょう。

1.日本語キーボード変換テーブルの読み込み

リカバリーメニューで「root」を選択しシェルに入ったら、以下のコマンドを実行します。

loadkeys jp


以下のように、日本語キーボード変換テーブルが読み込まれます。


以上で完了です。

2.キー入力のテスト

キーボードからキー入力を行い、キーに印字されている文字が入力できるか確認します。
以下の画面は、日本語キーボードから「0」「-」「^」「¥」キーを押し、次に「シフト」キーを押しながら同キーを押した時の画面です。


入力が面倒だった「-」「|」「=」が入力できています。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション