kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ロケールを日本語に設定する

ロケールを日本語に設定する方法です。
デフォルトでは、ロケールは「en_US.UTF-8」に設定されています。


このデフォルトのロケールを日本語に変更します。
ここではロケールの設定をユーザー固有の設定として設定します。

注意

現状日本語のグリフは表示が崩れやすいため、注意してください。

1.コマンドの実行

ユーザーのホームディレクトリーに移動(cd ~)し、以下のコマンドを実行します。

nano .bashrc


2.ロケール設定を追記する

「.bashrc」ファイルの最後に以下のロケール設定を追記します。

export LANG=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja


ファイルを上書き保存します。

3.bashの再起動

「Bash」を再起動します。
ロケールの設定を確認すると、以下のように日本語になっています。


4.言語パックのインストール

以下のコマンドを実行し、日本語の言語パックをインストールします。

sudo apt install language-pack-ja


これで多くのアプリが日本語で表示されます。


5.日本語のマニュアルページのインストール

以下のコマンドを実行し、日本語のマニュアルページをインストールします。

sudo apt install manpages-ja


以下のように、マニュアルページが日本語で表示されます。



関連記事一覧
オプション