kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Linux Mint月刊ニュース

Linux Mint月刊ニュースの紹介です。


Linux Mint 18 KDE Edition

今後リリースを控えている「Linux Mint 18 KDE Edition」の内容です。

SDDM

他のエディションと異なり、ディスプレイマネージャーに「SDDM」を採用します。

アイコンテーマの削除とスプラッシュスクリーン

今まで採用されていた「blue Linux Mint」が削除され、「green Linux Mint」が採用されます。

また起動時のスプラッシュスクリーンは、他のエディションに合わせたスプラッシュスクリーンになります。

Linux Mint 17のLinux Kernel

「Linux Mint 17」で利用可能な以下のバージョンの「Linux Kernel」は、サポート期間が終了しました。

  • Linux Kernel 3.16
  • Linux Kernel 3.19
  • Linux Kernel 4.2

今後上記の「Linux Kernel」にアップデートは提供されません。

サポートが継続されるLinux Kernel

「Linux Mint 17」のサポート期限である2019年まで「Linux Mint 17」を利用する場合は、以下のいずれかの「Linux Kernel」をインストールしてください。

  • Linux Kernel 3.13
  • Linux Kernel 4.4

上記のいずれかのバージョンなら、「Linux Mint 17」のサポート期限までサポートが継続されます。

どちらのバージョンを選択しても良いですが、現在利用しているハードウェアが動作する方を選びましょう。

Linux Kernelのバージョンを変更するには

「Linux Kernel」のバージョンを変更するには、「アップデートマネージャー」を起動し、 「表示」メニューから「Linuxカーネル」をクリックしてください。

以下のように「Linuxカーネル」一覧が表示されるので、サポートされているバージョンのいずれかの「Linux Kernel」をインストールしてください。


「Linux Kernel」をインストールしたら、PCを再起動してください。

Linux Kernelのバージョンを確認するには

「Linux Kernel」のバージョンを確認するには、「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

uname -r

以下のように、「Linux Kernel」のバージョンが表示されます。


上記の場合、「Linux Kernel 4.4」がインストールされています。

Linux Mint 17のXスタックとMesa

「Linux Mint 17」のサポート期限である2019年までサポートされる「Xスタック」と「Mesa」のバージョンは、以下のとおりです。

Xorg Mesa Linux Mint 備考
Xorg 1.15 Mesa 10.1.3 Linux Mint 17
Linux Mint 17.1
Linux Mint 17.2
アップストリームによるサポート
Xorg 1.17 Mesa 10.5.9 Linux Mint 17.3 Linux Mintによるサポート

「Linux Kernel」と異なり、特にこちらは何もしなくても良いです。

Xorgのバージョンを確認するには

「Xorg」のバージョンを確認するには、「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

Xorg -version


最初の行にバージョンが表示されます。
上記の例では、「X.Org X Server 1.15.1」がXorgのバージョンになります。

「Mesa」のバージョンは、「libgl1-mesa-glx」パッケージのバージョンを見ると良いです。

Cinnamon 3.2

今後リリースされる「Cinnamon 3.2」の変更点です。

通知時に音が鳴らせるようになった

通知メッセージ表示時に、音を鳴らせるようになります。
通知メッセージ表示時に音を鳴らすかどうかは、設定により変更可能です。

スクリーンセーバーの作り直し

Cinnamonスクリーンセーバーが1から作り直されました。
作り直す過程で行われた不具合の修正も合わせ、今までより軽量に動作し、より簡単に扱えるようになりました。

そのためユーザーはスクリーンセーバー起動時に、今までより高速に動作し、そしてスムーズなアニメーション動作に気づくでしょう。

スクリーンセーバーの背景も固定ではなく、「Cinnamon」でスライドショーを利用しているなら、スクリーンセーバーの背景もそれに合わせ変化するようになります。

時計の位置が変更可能に

時計の位置は画面左側に固定されていましたが、位置を変更できるようになります。


関連記事一覧
オプション