kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

PowerShell v6.0.0-alpha.10リリース

2016年9月16日に「PowerShell v6.0.0-alpha.10」がリリースされました。


リリースノートと変更点

リリースノートと変更点は、以下を参照してください。


  • エスケープされたダブルクォーテーションの処理に関する問題を修正
  • Dockerfilesの追加
  • ~/.config/PowerShellの大文字・小文字に関する問題を修正
  • Windows7でクラッシュする問題の修正
  • Windowsクライアント上でリモートデバッギング時に発生する問題の修正
  • リダイレクトされた標準入力で、複数行の入力に関する問題を修正
  • PowerShellインストール時、PowerShellを/etc/shellsに追加
  • Install-Moduleのバージョンの比較に関する問題を修正
  • スペルミスの修正

Linux向けの修正が含まれていますね。

PowerShellのインストールとアップデート

「PowerShell」のインストールとアップデート方法です。
「PowerShell」のインストールとアップデート方法は同じです。
すでに以前のバージョンの「PowerShell」をインストールしている場合、インストールと同じ方法で「PowerShell v6.0.0-alpha.10」にアップデートできます。

1.パッケージのダウンロード

以下からパッケージをダウンロードします。


「Ubuntu 16.04 64bit版」を利用しているなら、「powershell_6.0.0-alpha.10-1ubuntu1.16.04.1_amd64.deb」をダウンロードしてください。

2.PowerShellのインストール

以下を参考にして、「PowerShell」をインストールします。


以上で完了です。

ログインシェルにPowerShellを指定可能に

ログインシェルに「PowerShell」を指定できるようになりました。


注意

「PowerShell」はまだα版ですし、ログインシェルの変更による副作用があるかもしれません。
よく分からない場合、むやみに変更するのは避けましょう。

シェルの選択肢

上記変更点でも紹介したように、「/etc/shells」ファイルに「PowerShell」の記述が追加されています。


これにより、ログインシェルの選択肢に「PowerShell」が追加されます。

ログインシェルをPowerShellに変更してみた

試しにログインシェルを「PowerShell」に変更してみました。
「Ubuntu」へのログインは、特に問題ありませんでした。

端末のシェルがPowerShellに

「端末(gnome-terminal)」を起動するといつもなら「Bash」が起動しますが、「PowerShell」が起動するようになります。


「PowerShell」から「Bash」を起動することも可能です。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション