kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ノートブックバー

現在開発中の「LibreOffice 5.3」では、ツールバーのレイアウトを変更できるようになり、タブ化されたツールバーが利用できるようになります。




リボンUIは「Microsoft Office 2007」で採用されたユーザーインターフェースですが、「LibreOffice」でも似たようなインターフェースを利用できるようになります。

「LibreOffice」ではこのツールバーレイアウトを「ノートブックバー」と表現しています。

従来のツールバーも利用可能

特に「Ubuntu」で普段「LibreOffice」を利用しているユーザーにとって、「ノートブックバー」はあまり馴染みがないユーザーインターフェースかもしれません。

「ノートブックバー」はあくまでオプションであり、ユーザーはツールバーのレイアウトを選択することができます。
また「ノートブックバー」は現在、実験的な機能として提供されています。

ノートブックバーに切り替えてみる

ノートブックバーに切り替えてみます。

1.実験的な機能を有効にする

「ツール」メニューを開き「オプション」をクリックします。

以下の画面が表示されるので、左側の設定項目一覧から「詳細」を選択し、「実験的な機能を有効にする」のチェックをオンにします。


「OK」ボタンをクリックしてこの画面を閉じます。

2.ツールバーレイアウトの変更

「表示」メニューを開き、「Toolbar Layout」から「Notebookbar」をクリックします。


3.レイアウト変更完了

以下のように、ツールバーがタブ化されます。


3つのスタイル

「ノートブックバー」には3つのスタイルがあり、ユーザーはスタイルを切り替えることができます。
スタイルを切り替えるには、「表示」メニューの「Notebookbar」を選択し、サブメニューからスタイルの切り替えを行います。


1.Contextual groups

グループごとにフラットなツールバーが表示されます。


2.Contextual singles

最もシンプルなツールバーです。


3.Tabbed

上記で紹介したタブ化されたツールバーです。


状況に合わせてツールバーが変化する

ツールバーは状況に合わせて変化します。
例えば文中の表を選択(アクティブ)にすれば、以下のように自動的に「Table」タブが選択されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション