kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Linux Mint 18.1 MATE Editionの新機能

「Linux Mint 18.1 MATE Edition」の新機能の紹介です。


「Linux Mint 18.1 MATE Edition」では、「MATE 1.16」、「MDM 2.0」、「Linux kernel 4.4」を採用しており、「Ubuntu 16.04」のパッケージをベースにしています。


主な新機能や変更点をピックアップします。

1.MATE 1.16の採用

デスクトップ環境に「MATE 1.16」を採用しています。


以下のソフトウェアは、「GTK+3」に移行しました。

  • notification daemon
  • MATE policykit library
  • session manager
  • MATE terminal

デフォルトのファイルマネージャーである「Caja」等は、従来通り「GTK+2」のままです。

検索エンジンをDuckDuckGoに変更

アプリケーションメニューから検索を行う際使用する検索エンジンを、Google CSEからDuckDuckGoに変更しました。


ユーザーの言語環境に合わせたWikipedia検索

Wikipediaから検索を行う際、ユーザーの言語環境に合わせた検索を行うようになりました。

オンライン検索の有効・無効切り替え 

アプリケーションメニューの設定画面からオンライン検索の有効・無効を切り替えられるようになりました。


2.その他の変更点

多くの新機能や変更点は、「Linux Mint 18.1 Cinnamon Edition」と共通しています。
以下を参考にしてください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション