kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

プロプライエタリードライバーの不具合を修正

「System76」のエンジニアと「nVidia」のエンジニアが連携し、「nVidia」のLinux向けプロプライエタリードライバー(Green GPU)の不具合を修正しました。


「System76」は10年に渡り「Ubuntu」プリインストールPCを製造しているメーカーであり、Linux向けソフトウェアの改善に様々な活動を行っています。



デスクトップユーザー(コンシューマー市場のユーザー)にとって心強い企業かと思います。

不具合の内容

「System76」のエンジニアは「System76」のユーザーを悩ましているとある不具合を解決するため、「nVidia」のUnix/Linuxエンジニアに連絡を取りました。

その不具合とは、以下の内容です。

  1. アイドルの状態から復帰しても画面が真っ暗なままで復帰しない
  2. パワーソース(バッテリやAC電源)の切り替えをドライバーが検出しない
  3. バックライトの輝度調整が適切に動作しない

対応済みのドライバー

上記の「1.」と「2.」の不具合に対応した修正は、2016年12月14日にリリースされた「NVIDIA 375.26」に含まれています。


「3.」の不具合は現在修正作業中であり、今後リリースされるドライバーで対応されるとのことです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション