kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

メンテナンスが不十分なUnityスコープの削除提案

メンテナンスが不十分なUnityスコープの削除提案が行われました。


ここでいうUnityスコープとは、Unity 7のスコープのことです。

スコープとは

簡潔に言えばスコープとはUnityにおける検索エンジンです。


UnityのDashを開いた時に最近利用したアプリやファイルの一覧、あるいはインストールされているアプリの一覧など様々な情報が表示されます。

この表示する情報を生成する役割を担うのが、スコープです。

オンライン検索も可能

ローカルに限った話ではなく、オンラインサービスも検索対象にすることができます。
ユーザーが入力した内容をWikipediaから検索してDashに情報を表示することも可能です。

「金閣寺」を入力すると、以下のようにWikipediaから検索を行ってくれます。


ただしデフォルトでは、オンライン検索は無効になっています。


Dashプラグイン

スコープは、UI上では「Dashプラグイン」と表現されます。


アプリケーションレンズからスコープの詳細を表示したり、スコープの有効・無効を切り替えることができます。


様々なスコープ

スコープには様々な種類があり、それぞれのスコープごとに検索対象が決まっています。

メンテナンスが十分に行われずセキュリティーリスクに

スコープの中にはメンテナンスが十分に行われずセキュリティーリスクになっているスコープがあります。
例えば「gmusicbrowser」スコープ等一部のスコープでは、意図しないシェルコマンドを実行してしまう脆弱性があります。


しかしこの問題に対応したアップデートは現在提供されていません。
今現在少なくとも以下のスコープは削除対象に上がっており、今後もこのようなスコープの削除が検討されています。

  • unity-scope-audacious
  • unity-scope-clementine
  • unity-scope-gmusicbrowser
  • unity-scope-gourmet
  • unity-scope-guayadeque
  • unity-scope-musique

リポジトリーからなくなる

削除されるスコープはリポジトリーからもなくなり、ユーザーは任意にインストールできなくなります。

Unity 8でもサポートしない

Unity 7の次期バージョンであるUnity 8でも、このようなスコープはサポートされません。


関連記事一覧
オプション