kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Razer

Razer」は、自社が販売している「Razer Blade」シリーズにおいて、Linuxのサポート状況を改善する計画があり、Linuxユーザーからアイデアやフィードバックを募っています。


Razer Blade」は、ゲームユーザー向けのノートPCです。


ゲーム自体が性能を要求するアプリケーションということもあり、ゲーマー向けPCは総じて高い性能を持っています。
高性能なPCということもあり、ゲーム以外の用途に利用しているユーザーもいます。

さてこの計画は、「Razer」のCEOから発表された計画であり、本腰を入れてLinuxのサポートを行う姿勢を感じます。
アイデアやフィードバックは、以下のスレッドにて募集しています。


今現在「Razer」は公式にLinuxをサポートしていませんが、とあるコミュニティーでは「Razer Blade」のキーボードやマウスなどをLinuxからカスタマイズするため、カスタマイズツールを開発しています。

またLinuxをインストールしているユーザーはデフォルトのコーディングPCとして「Razer Blade」を活用しているケースが多く、「Razer」はLinuxユーザーからLinuxのサポート状況についてよく聞かれるとのことです。

それらを踏まえ「Razer」では、世界で最高のLinuxをサポートしたノートPCを提供するため、我々はどうすれば良いのか「Razer Blade」でLinuxを活用しているユーザーからアイデアやフィードバックを募集しています。

Razer Bladeのスペック

Razer Bladeのスペックの詳細は、以下を参照してください。


項目 内容
CPU Intel Core i7 7700HQ
メモリー 16GB
GPU NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
ディスプレイ
  • 14インチ 1920 x 1080
  • 14インチ 3840 x 2160
ストレージ
  • 256GB SSD (PCIe M.2)
  • 512GB SSD(PCIe M.2)
  • 1TB SSD(PCIe M.2)
ネットワーク Killer Wireless-AC 1535
Bluetooth 4.1
オーディオ HDMI音声出力
ステレオスピーカー
3.5mmヘッドフォン/マイクジャック
その他 ウェブカメラ(2.0MP)
USB 3.0 x 2
Thunderbolt 3 (USB-C)
HDMI映像出力
プログラマブルキーボード
バックライトキーボード
Kensingtonセキュリティースロット
Trusted Platform Module(TPM2.0)セキュリティーチップ


関連記事一覧
オプション