kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

サポート終了日のお知らせ

「Ubuntu 12.04」のサポート終了日のお知らせです。



「Ubuntu 12.04」のサポート期間は、2017年4月28日に終了します。
「Ubuntu 12.04」はLTSリリースであり、5年間のサポート期間が提供されています。
「Ubuntu 12.04」は2012年4月にリリースされたため、2017年4月にサポート期間が終了します。

サポート期間が終了すると、セキュリティーアップデートなどソフトウェアのアップデートが受けられなくなります。

アップグレードを

「Ubuntu 12.04」を利用しているユーザーは、サポート期間が切れる前に「Ubuntu 14.04」もしくは「Ubuntu 16.04」以降にアップグレードする必要があります。

現在サポートされているUbuntuとサポート期間は以下のようになっています。

バージョン サポート 備考
Ubuntu 14.04 2019年4月までサポート LTSリリース
Ubuntu 16.04 2021年4月までサポート LTSリリース
Ubuntu 16.10 2017年7月までサポート 通常リリース

アップグレード先のバージョンは、現実的なところではLTSリリースである「Ubuntu 14.04」もしくは「Ubuntu 16.04」でしょうか。

「Ubuntu 12.04」から直接アップグレード可能なバージョンは、「Ubuntu 14.04」です。

もし「Ubuntu 16.04」へアップグレードするなら、一旦「Ubuntu 14.04」にアップグレード後、さらに「Ubuntu 16.04」へアップグレードしてください。

「Ubuntu 16.10」へアップグレードするなら、一旦「Ubuntu 16.04」にアップグレード後、さらに「Ubuntu 16.10」へアップグレードしてください。

どのバージョンにアップグレードするとしても、それなりに時間がかかる作業ですので、時間に十分余裕を持って作業を行いましょう。

アップグレードは簡単

アップグレードは簡単です。

「アップデートマネージャー」を起動するだけです。
以下のように「Ubuntu 14.04.5」へのアップグレード通知が表示されるので、「アップグレード」ボタンをクリックしアップグレードを開始します。


アップグレード通知が表示されない時は、「ソフトウェアソース」の「アップデート」タブをクリックし、「Ubuntuの新バージョンの通知」が「長期サポート(LTS)版」担っているか確認してください。



関連記事一覧
オプション